2009年12月13日 TSS例会

 当日の参加者は10名。
 プレイされたゲームは、日露戦争(コマンド)、スモレンスク攻防戦(コマンド)、チトー(SPI)等。

 スモレンスク攻防戦はH赤軍対Y口独軍のプレイ。
 赤軍の増援は精鋭部隊ばかりで、独軍の攻撃ははかばかしい進捗がなく、第4ターンには、赤軍の反撃が各所で行われ、独軍装甲が除去の危機に陥っていたようだ。しかし、天は赤軍を見放していて、3カ所の攻撃がことごとく失敗した。
 それからは独軍のペースで、第7ターンの時点で、イェルニアを占領し、赤軍が維持できそうな勝利得点都市はクリチェフぐらいになっていた。

 チトーは、K全さん、T島さん、それにK藤2号さんもプレイしていたのかな?
 ルール読みから始めていたので、プレイの開始は午後にずれ込んでいた。

 日露戦争を久しぶりにプレイした。
 O崎さんが日本軍、私がロシア軍だ。私はロシア軍の方が好きなので、こちらから露軍のプレイを申し出た。
 プレイしたのは、最近出たばかりのJWC版だ。日本軍のユニットの色が赤になっていたのが目立つ違いかな。流石に2回目の作り直しとあって、細かいところの明確化やプレイエイドが充実していた。しかし、細かい明確化がことごとくロシア軍不利になっていたような、、、。
 O崎さんはあまりプレイしたことが無いとのことだったので、旅順篭城策のような奇手ではなく、オーソドックスにプレイした。
 第1ターンの戦闘結果はDDだった。久しぶりで後退の仕方を間違えたけれど、日本軍も追撃の仕方を間違えてくれて結果オーライで、除去ユニットなく切り抜けられた。
 しかし第2ターンの南山攻略戦では、まさかのDEを喰らって旅順の命運は早々に決まってしまった。仕方が無いので、1個旅団を足止めに遅滞を行うも、これもDEを喰らって要塞守備兵力に事欠く有様となった。
 日本軍は主力を山地方面に指向し、第2軍は手薄だった。それに合わせてロシア軍も山地方面に手厚く兵力を回した。しかし日本軍の攻撃は的確にロシア軍の手薄なところを叩き、賽の目での失敗もなかった。一度ARが出たものの、ロシア軍戦線の後方へと抜けていったため、却ってロシア軍が苦しい始末だった。
 第2軍に対しては、騎兵を犠牲に遅滞戦を行った。戦闘後前進での包囲が怖くてまともな戦線を引かなかったのだが、振り返るとこれは失敗だったかもしれない。
 結局第8ターンにロシア軍の戦線が張り切れなくなって投了した。
 第6ターンにロシア軍最左翼の山地の端で5対1攻撃でDEを喰らって騎兵2個連隊が全滅したのが、一番効いたな。そのために第8ターンにシベリア師団を含む2ユニットが憮順前面で包囲されて戦線が崩壊した。
 戦線崩壊がわかった時点で、遼陽前面でロシア軍は反撃に出た。1対1の包囲攻撃で日本軍1個師団を撃滅したものの、それが最後のロシア軍の煌めきだった。
 プレイ中は大きなミスはなかったと思うのだが、小さなミスが積み重なって失血死してしまったようだ。それと予備を全く捻出できなかったのがいけなかったかな。尤も、ロシア軍で予備を残しておけるような余力があればゲームに勝っているか。
[PR]

  # by U1_KAZAMA | 2009-12-13 23:01 | 日露戦争

2009年11月15日 TSS例会

 当日の参加者は8名。
 プレイされたゲームは、ルアーブル、銀河英雄伝説(エポック)、銀河連合(同人)、咲カードゲーム(同人)等。

 銀河英雄伝説はK藤2号さんのオリジナルシナリオ、回廊の戦いをHさんとプレイしていた。
 ヤンが死ぬ直前のイゼルローン回廊の戦いのシナリオで、ヤンとラインハルトの直接対決である。
 今回の戦いでは、ラインハルト指揮下の分艦隊が次々に敗走し、それにぶち切れたラインハルトが全軍突撃を命じ、ブリュンヒルトを先頭に突撃を敢行し、待ち受けるヤン艦隊に射すくめられて敗れ去ったそうだ。

 ルアーブルをY口さん、T之内さん、私で3人プレイを行った。
 いつものように船で勝負のT之内さん、船の建造に出遅れて建物勝負の私、バランス型のY口さんのプレイとなる。
 今回は造船所の出が遅かったこともあり、食料に困る展開となった。そのため、Y口さん、T之内さんは借金生活を長く続けていた。私はなんとかかんとかやりくりして無借金経営を貫いた。というか、このゲームで私は借金をしたことがない。どうも利子を払うのが耐えられないのだ。
 終盤になると、Y口さん、T之内さんは豊富な船からの食料で潤っていたが、私だけは、2隻しか船を持てなかったために、最後まで大量の食料を必要とした。それでも2隻あったので、なんとか持ちこたえることができた。それが勝因だったかもしれない。
 最終的に私は建物だけで180点を稼ぎ、銀行などのボーナスも稼いで204点と200点越えで勝利した。2位のY口さんは200点弱だったそうで、僅差の勝利だった。
 ルアーブル初勝利だ。良かった良かった。

 銀河連合をプレイした。
 O鋸メンタク、Y口サール、T之内ナール、風間イクスチャの4人プレイだ。
 イクスチャは最初の手番で全種族と同盟を締結し、早々に種族勝利条件の一つを達成した。
 サールも順調に惑星に足跡を記していた。
 つまずいていたのはメンタクとナールだった。
 メンタクは何度も海賊のチャンスを得ながら悉く賽の目に嫌われて種族勝利条件が達成できなかった。
 ナールの方は、はなから種族勝利条件など眼中になく、全種族と同盟を結んでいた。どうも最初から反逆狙いだったようだ。
 イクスチャは技術開発に出遅れたこともあって、軍事力に走り、常に最強軍事力を誇った。
 技術力で先行したのは、サールだったが、すぐにナール、メンタクに追いつかれていた。
 軍事情勢は平和で、全種族がお互いに全ての種族と同盟を結んでいたため、戦争は一切起こらなかった。
 勝利得点獲得レースではイクスチャが先行し、サールが追いかけ、他の2種族は置いてきぼりにされていた。山札が2巡した頃にイクスチャが5VPを達成して勝利した。イクスチャは軍事力最強だったこともあり、反逆もなく、結局ゲーム中1度も戦争は発生しなかった。たとえ戦争になっていても全種族同盟状態では、反逆者が勝利することは難しいだろう。軍事種族が反逆勝利狙いで行くなら、その辺に工夫が必要だろう。

 咲カードゲームをプレイした。
 Y口さん、T之内さん、O鋸さん、私の4人プレイを1回。
 Y口さんが抜けてHさんが代わっての4人プレイを3回ぐらいプレイしたかな。
 時間調整にはなかなか良いゲームだ。
[PR]

  # by U1_KAZAMA | 2009-11-16 00:32 | ルアーブル

狂想亭更新

 1年ぶりに私のウェブページ「狂想亭」を更新した。
 咲カードゲームを久しぶりの更新に合わせて公開したので、良ければダウンロードしてね。
 本当はコミケで頒布するつもりだったんだけど、当てにしていたサークルが落選したので、委託先がなくなっちゃので。このゲームはどう見ても生ものなので、来年8月に頒布と言うわけにも行かないからね。
えっ?そのころには、第2部が始まっているかもって?そのときにはカードがきっと15枚増えているから頒布する気にならないよ(笑)。
[PR]

  # by U1_KAZAMA | 2009-11-08 03:57 | 咲カードゲーム

2009年11月1日 TSS例会

 当日の参加者は8名。
 プレイされたゲームは、ルアーブル、レースフォーザギャラクシー等。

 ルアーブルは4人プレイ。
 Y口さん、T之内さん、O鋸さん、私だ。O鋸さんは初プレイだが、プレイ経験者のHさんが後見についていた。
 プレイはY口さん、T之内さんが船路線、O鋸さんと私が建物路線で進んだ。
 特に私は船を1隻しか建造できず、終盤食料の確保に苦しむ展開となった。屠殺場を建てていたので、牛肉で過ごしていたのだが、それを食い尽くすと食糧難に教われてしまった。それもこれも、スチール船を建造するつもりでスチールを作ったのだが、豪華客船の方がいいかなとか迷ってしまって、結局スチール船の建造を見送ってしまったのが悪かったかなと。
 船路線のT之内さんは鉄船4隻を建造して、3回も牛を中心に出荷を行って荒稼ぎし、大量の建物を金に飽かせて買い漁っていた。
 Y口さんも木造船2隻を建造した後スチール船を購入、更に豪華客船を建造していた。
 O鋸さんは2隻の船を建造して、有用な建物も多く、バランスよく進んでいるように見えた。
 私は結局鉄船1隻と豪華客船1隻だけだった。だから出荷には縁がなく、終盤食料に困っていた。しかし、建物は、鉄入手、石炭入手、スチール加工と揃え、あまり他のプレイヤーの建物の世話になることもなく、現金や、食料に困っていたこともあって、まるで駄目かなと思っていたのだが、結局2位を確保した。
 1位はY口さん。出荷3回で荒稼ぎしていたT之内さんは実は建設した建物はたった2つと極端なプレイで3位だった。

 その後Hさんを交えて5人でレースフォーザギャラクシーをプレイした。
 私の母星は異星産物の惑星。経済的には困らなかった。これに加えて、軍事力を不要にする外交官も得たため、非常に順調にプレイを行い、12枚目を並べて終了させた。カードのVPだけで23点、ボーナス等含めて48点でトップを取ったと、思ったら、技術カード枚数のボーナスを最後にT之内さんに奪われて逆転されてしまった。

 最近どのゲームも2位ばかりで、トップがとれないのが残念だな。
[PR]

  # by U1_KAZAMA | 2009-11-01 18:55 | ルアーブル

2009年10月11日 TSS例会

 当日の参加者は7名。
 プレイされたゲームは、ルアーブル、クルスクの決戦(6A)、レースフォーザギャラクシー等だ。

 クルスクの決戦はK全さんとHさんがプレイしていた。
 煩雑なゲームでやたら時間がかかるゲームらしい。K全さんは4人でのプレイを企んでいるがなかなか4人目が名乗りを上げずに挫折しているらしい。

 ルアーブルをプレイした。
 Y口さんのインストで、T之内さんと私は初プレイだ。
 Y口さんのインストはまるで要領を得ず、こちらが質問で誘導しようとすると却って混乱する始末だった。それでも練習プレイで3ターンほどプレイするとなんとかルールは飲み込めた。
 アグリコラの作者のゲームなので、アクションの取り方や原料の出方が良く似ていた。しかし、アグリコラのような各プレイヤーにカードを配るようなことはないので、運の要素はないゲームだ。その割りにプレイ感は重くないのは良い点だな。
 建物があまり建たないうちにゲーム終了になってしまったため、スチールが全く作られること無く終わった。そのため、豪華客船が建造されることは無かった。スチール船は私が金に飽かせて購入した1隻だけだ。
 私はそんな感じで3隻の船(鉄船とスチール船)を回して牛を出荷して稼ぎ、10金とレンガ3つで24金にする錬金術で増やすコンボで資産を増やしていた。
 Y口さんは船2隻で毎ターンの食料に苦しむ展開で、何度もローンの厄介になる展開だったが、建物を建てまくっていた。
 T之内さんは、木をお金に換える建物を建てて、やたら木を集めまくっていた。そして船4隻を建造していたが、総得点は伸びなかった。
 勝ったのは、Y口さん。私は118点に対し、138点で20点差だった。

 レースフォーザギャラクシーをルアーブル後にプレイした。
 私の母星はまたもOld Earth。呪われているとしか思えない。今回は可も無く不可も無くと言ったところだった。マイニング系のカードが多かったので、そちらの方面に進めた。それなりの進み具合だったのだが、植民がうまくできなかったのが、誤算だった。他の人に植民を期待したときにことごとく外されたのが痛かったな。
 Y口さんが馬鹿ツキでジェム惑星を大量に並べて大量得点を得ていた。
 T之内さんは6の技術カードを4枚も並べて悦に入っていた。
 勝ったのはY口さん。私はダブルスコアにされないのが精一杯の大敗だった。
[PR]

  # by U1_KAZAMA | 2009-10-12 01:25 | ルアーブル

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE