2010年7月4日 TSGC例会

 当日の参加者は10名。
 プレイされたゲームは、帝国属州と地球(同人)、ばるばろっさ(アークライト)、たんとくおーれ(アークライト)、18EU、グリモワール、オカエリナサイはやぶさ(コマンド)、海賊免許(アークライト)等。

 オカエリナサイはやぶさはハガキゲーム。
 N浜さんのリクエストでO串さんと私の3人でプレイ。
 はやぶさは打ち上げ直後から通信途絶し、結局一度もイオンエンジンに点火することなく宇宙の彼方に消えて行った。
 これは、あんまりだと、もう1戦。今度は非常に順調で、一度もトラブルに見舞われることもなく、イトカワに到着し、サンプルも採取。帰りも順調で見事地球の写真撮影にも成功した。
 時事ネタゲームだけど、時間が空いたときにちょっとプレイするにはいいゲームだな。

 グリモワールをプレイした。
 これもN浜さんのリクエストで、同じO串さんと3人プレイだ。
 得点方針がO串さんとバッティングしてしまい、VPチップの盗み合いになってしまった。それには勝ったけど、ノーマークで好き勝手やっていたN浜さんが勝利した。
 なんだかプレイしていて不毛なゲームだった。プレイヤー間の直接攻撃が酷過ぎて私は好かないな。

 ばるばろっさを3回プレイした。
 プレイ経験があるのが私だけだったので、インストがてらのプレイだ。
 インストしながらのプレイなのに、最初のプレイでは、N浜さんに走られて完敗してしまった。情けない。
 第2戦では、アドルフたんが大活躍し、毎ターン2枚ドローでプレイは非常に楽だった。ただVP的には、結構危うく、最後にモスクワを落とせたので、なんとか勝利できた。
 最後の第3戦は、今日一番カードの巡りが良く、80VP越えの圧勝だった。

 「帝国属州と地球」は私の新作。今日が初披露だ。
 GDWのインペリウムのカードゲーム版で、キャンペーンを2時間でプレイするのがコンセプトだった。けど1時間半ぐらいで終わっていたな。
 ソルからガシッダまで重要な6つの星系を一次元で結んだトラック上で支配エリアを表し、カードプレイで戦力整備や作戦を実行し、イベントを処理するシステム。戦闘ルールは以前作った銀河連合から流用した。
 一番の特徴は、帝国プレイヤーの勝利条件が戦争の勝利ではなく、帝国中央への栄転であることだ。そのために功績ポイントを増やすことが帝国プレイヤーの目的となる。地球軍がガシッダの目前まで迫っていたとしても、帝国プレイヤーの勝利でゲームが終わることもあるのだ。今回そのようなプレイ展開になってデザイナーとして満足してしまった。
 A藤父さんとI瀬さんがプレイしてくれた。
 最初のプレイでは、地球軍が序盤で躓いて第3次戦争ぐらいで、帝国プレイヤーの功績ポイントが振り切って危なげなく帝国の勝利となった。
 あっという間に終わってしまったので、立場を入れ替えての再戦となった。
 今度の地球軍は序盤の経済的な優位を使って慎重に戦力を増強し、着実に進撃を行っていた。帝国軍の賽の目の悪さにも助けられて、プロキオンの占領後、一気にヌスクを抜き、シュルパックをも陥れて、ガシッダの目前にまで迫った。
 しかし、諦めない帝国プレイヤーは平和攻勢で時間と功績ポイントを稼ぎ、帝国中央からの援軍を待って反撃に出、第6次戦争ぐらいで見事地球軍をシュルパックから撃退し、その功績によって帝国中央へと返り咲いて勝利した。
 このプレイは最後までどちらが勝ってもおかしくない展開で、見ていて面白かったな。
 このゲームは2人対戦ゲームなので、バランス調整がいるかと思っていたのだが、今日のプレイを見た限りでは必要なさそうだ。
[PR]

  # by U1_KAZAMA | 2010-07-04 21:56 | 帝国属州と地球

2010年4月24日 TSS例会

 当日の参加者は12名。
 プレイされたゲームは、レッドドラゴンライジング(コマンド)、謙信上洛(ツクダ)、アンハッピーキングチャールズ、フリードリッヒ、Z計画(同人)、MSG Wars(同人)等。

 レッドドラゴンライジングをN山さんとプレイした。
 2015年に中国が台湾や南沙諸島を目指して軍事侵攻を行うというゲームだ。
 N山さんが中国、私が米軍だ。
 中国はその全空軍を集中して台湾の空爆を開始する。物量が違いすぎて台湾海空軍は瞬時に壊滅する。それに対する中国空軍の損害はゼロ。あまりの賽の目の悪さに泣けてくる。
 米軍は佐世保にいた空母2隻を含む艦隊を全海上自衛隊の護衛隊群と共に出港させ、台湾に向かう。
 中国空軍の空爆第2波で陸軍も損耗し、米軍の救援が間に合うか分からない。中国軍の損害は未だにゼロだ。
 ここで、初のイベントが発動。いきなり日本が脱落する。自分で振っていて嫌になる賽の目だ。これにより全日本軍部隊が消滅した上に、沖縄の部隊もグアムに飛ばされてしまう。
 全然兵力が足りなくなってしまったため、米軍は増援を求めるが、振った賽の目は1。水上艦艇1ユニットが盤外ボックスに追加された。米軍の継戦意欲が最低水準まで落ち込んだ。
 第3波の空爆で台湾軍は全滅。次のターンに空挺部隊により、為す術もなく台湾は占領された。台湾攻略での中国軍の損害は空軍1ユニットだけだった。
 米軍は戦力の蓄積を優先させるしかなく、更に増援要請。今度は6の目が出て、戦えるだけの戦力が整った。
 中国軍もイベントで悪い結果を連発し、英軍が参戦するわ、チベットを始めとして反乱が頻発するわと忙しい。
 そうこうするうちに米英豪の大艦隊が台湾南方海上に到達する。
 中国軍もサドンデス勝利を目指して南沙諸島に向けて全艦隊が出撃した。
 米軍は迷った。台湾奪還か、中国艦隊撃滅か。ところがこのときに中国の工作員が強襲揚陸艦を撃沈。貴重な重装備地上軍、英軍陸上部隊と共に海の藻くずと消えた。
 これで迷いが吹っ切れた米軍は中国艦隊へ突入。大きな損害を被りながらも中国艦隊の半数以上を撃滅し、中国の南沙諸島侵攻を断念させた。
 中国軍は全軍を北上させた。狙いは韓国だ。
 米軍は台湾奪還を目指す。圧倒的な連合艦隊の爆撃を受けて中国軍は全滅。しかしながら3ターンの時間を稼いでいた。
 中国軍を駆逐して、ついに台湾奪還というところで、イベントで攻撃停止命令が出る。どうなっとるんじゃ。
 その間に中国軍の全空軍、全陸軍を投入した第2次朝鮮戦争は北朝鮮の圧倒的大勝利となり在韓国連軍は為すところなく全滅した。
 これで中国の得点は11VP。
 しかし、最後の1VPが取れない。
 次のターンに台湾が奪還され、VP確保の目処が立たなくなった中国側が投了した。
 うーん、ネタゲーだな。イベントに笑うゲームだ。面白かったけどね。

 Z計画を久しぶりにプレイした。
 Mねさん、Hさん、T井さん、私の4人プレイだ。
 序盤から技術者をばしばし引いたHさんが潤沢な資金で他を圧倒し、僅か2戦で勝利条件を達成した。ネオジオンはアクシズが地球圏に到達して、様子見している内に終わってしまい、一度も戦闘に参加していない。そのため、ネオジオンにまずMSを納入していたMねさんは一度も戦闘に参加しないうちに終わってしまっていた。
 これは、あんまりだと再戦。
 今度はHさんの引きが悪く、Mねさんが順調に開発を進めていた。
 私がメッサーラの量産で得点を重ねて勝利した。
 今回一番笑えたのが、最後の戦いの時にネオジオンがどちらに付くかの判定時にラカンとジェリドが政治力を使い、結局エゥーゴ側に味方したことだな。ラカンがティターンズ側に味方させようと骨を折っていたところにジェリドが暴言を吐いて台無しにしてしまい、ハマーンの前で殴り合いを始めている姿が目に浮かぶようだ。

 MSG Warsをこれも久しぶりにプレイした。
 暇だったので、何も考えずにプレイできるこいつをプレイした。
 Z計画と同じメンバーでのプレイだ。
 クィンマンサを量産して荒稼ぎした私だったが、それがためにみんなから目の敵にされ、一度などは、戦略核とソーラレイを立て続けに喰らって何もしないうちに全滅させられたこともあった。
 最後の戦いでは、T井さんが91VP、私が84VP、Mねさん78VP、Hさん57VPで始まり、T井さんがパラスアテネの量産機で荒稼ぎして勝利条件の100VPを越えるものの、最後の最後に私のガンダムMKVがパラスアテネを撃滅して全滅ペナルティで僅差で私の勝利となった。
 
[PR]

  # by U1_KAZAMA | 2010-04-25 00:06 | レッドドラゴンライジング

2010年2月27日 TSS例会

 当日の参加者は、9名。
 プレイされたゲームは、アグリコラ、キングダム(ゲームリンク)、ときメモリオン(同人)等。

 アグリコラを久しぶりにプレイした。
 Y口さん、Kさん、T内さんと4人プレイ。職業カード、小さな進歩カードはKカードを使用。10枚配り7枚選択でプレイ。
 私のカードは効果的には悪くないのだが、小さな進歩カードがどれもこれも職業2以上の条件がついていて苦しんだ。
 プレイ順もいきなり下家スタートと最悪で、小さな進歩カードが出せないので、スタートプレイヤーを取るにも取れず、どうしたものかと思ってしまった。
 まぁ、上家のKさんが早々にスタートプレイヤーを取ってくれたので良かったけど。
 職業は最初に資材商人を出した。これは非常に優れ物で、商人の在庫が尽きたらとたんにとっても貧乏になった感じがしたものだ。
 それよりも役に立ったのが、その次に出したブリキ職人だ。レンガを食料に変えることができる職業なのだが、これが今回の私のプレイでの大黒柱となった。レンガを大量に確保して、バリバリ食べていた。資材商人でも多く入手できたし、小さな進歩のレンガ抗(日雇い労働でレンガを3つくすねてくる)もあったので、レンガには困らなかった。というか、今回のプレイでは、私は小麦も野菜もたった1つしか入手しなかったし、それらを食べることはなかった。家畜の屠殺も一度も行わなかった。「食料がなければレンガを食べれば良いのよ」と嘯いていたものだ。
 食料に困らなかったのだが、プレイは低迷した。序盤は上家が木材を大量に集めたことと、終盤には下家がスタートプレイヤーに固執したためだ。
 家は石造り4部屋の立派なものにしたが、敷地には空き地が目立ち、耕された畑に作物はなく、何もいない厩が2軒、2ブロックの狭い牧場に牛が4頭いるのが目立つくらいか。それでも進歩カードのボーナス点が多く、35点と健闘して2位。
 1位は上家のKさんで50点オーバーの圧勝だった。
 3位は私と僅差でY口さん。最下位のT内さんは14点と中盤で既に脱落状態だった。

 アグリコラはその後も、Kさん、T内さん、Hさんの3人プレイ、Kさん、Y口さんのタイマンプレイと何回もプレイされていた。

 キングダムをS岩さん、S藤さん、Y口さん、T島さんの4人でプレイしていたのを観戦していた。
 ゲームリンク2号の付録ゲームだ。池田康隆デザインのカードゲームで、基本システムはシャドウハンターズからの流用だ。尤もこのシステムは問題も多く、実際見ていて、あまり良いゲームではなかった。
 要するにタリスマンのような廻りすごろくなのだが、雑誌付録故のガジェットの不足と、ランダム移動によるゲーム終了への収束性の悪さがつらいところだ。今回のプレイでは初プレイということもあって、その欠点がもろに出ていた。いつまでたってもゲームが終わらず、商品は出尽くし、プレイヤーもだれてしまっていた。後から始まったアグリコラの方が先に終わっていたのだから当たり前だ。
 慣れれば良いのかもしれないが、正直プレイしたいとは思わなかったな。

 ときメモリオンはHさんデザインの同人カードゲーム。
 ドミニオンシステムにときめきメモリアルのフレーバーを入れたものだ。
 VPカードがキャラクター、アクションカードがゲームのコマンド(運動とか休息とか)やイベント(バレンタインデーとか修学旅行とか)に割り当てられていた。ドミニオンとの違いは、VPカードに属性や親友が記載されていてそれらをそろえるとボーナスがもらえることと、お金とVPカードの購入費用が高く設定されていることだけだ。
 ゲームはドミニオンそのままなので問題ないのだが、残念ながらまだカードが完成しておらず、イラストなしのモノクロコピーカードでプレイがしにくいのが難点だった。
 私は2回プレイした。
 Kさん、Y口さん、Hさんとの4人プレイとS藤さん、Hさんとの3人プレイだ。
 4人プレイは惨敗。VPカードどころか、金貨すら1枚も買えない状況だった。
 3人プレイではデッキが順調に回って6点のVPカード7枚を得て順当に勝利した。
 ときメモに今一つ愛がないので、キャラクターに愛着が持てないのが残念なところだ。
[PR]

  # by U1_KAZAMA | 2010-02-28 02:26 | アグリコラ

2010年2月13日 TSS例会

 当日の参加者は6名。
 プレイされたゲームは、コーカサスキャンペーン(GMT)、ウクライナ43(GMT)、たんとくおーれ等。

 コーカサスキャンペーンはN山さんと私でプレイを始めたものの、独軍だった私のあまりの賽の目の悪さに戦意喪失して1ターンの独軍プレイヤーターンだけでやめてしまった。戦闘ダイス10回ぐらい振って1以外の目が3回しか無かったという。
 やり直しても今日は駄目だろうと、その後は作戦研究になっていた。

 ウクライナ43はK全さん、T島さん、K藤2号さんがプレイしていた。

 たんとくおーれをHさんと私でプレイした。
 ドミニオンシステムのカードゲームだ。これならサイコロを振らないから今日の私でもできる。
 元ゲームのドミニオンとは個々のカードの特殊能力がだいぶ違っていて戸惑った。洗濯メイドのマネーロンダリング能力を思いっきり間違えてプレイしてしまった。
 売りのカードのイラストもかわいかったし、ゲームとしてもバランスは良いようだ。尤も、持ち主のHさんによると、「悪癖」のカードは駄目とかで、今日は全く使わなかった。
 大きな欠点はドミニオンの金貨、銀貨、銅貨にあたるカードが全て全く同じイラストだったのはいただけなかったな。
 流石にドミニオンはたまにプレイすると面白いな。5、6回立て続けにプレイしてしまった。
 ふと思ったのだが、たんとくおーれ、メイドガイバージョンとか面白そう。他プレイヤーへの攻撃カードてんこ盛りで、特殊メイドにメイドガイやドジっこメイドを入れて、イベントカードに龍神神社アイテムを入れるとか、いかん作ってしまいそうだ(笑)。
[PR]

  # by U1_KAZAMA | 2010-02-13 17:42 | 対戦記録

2009年12月27日 TSS例会

 当日の参加者は6名。
 プレイされたゲームは、ルアーブル、戦争と平和(AH)、銀河連合(同人)、レースフォーザギャラクシー等。

 ルアーブルをY口さん、Hさんと3人でプレイした。
 Hさんは船の建造路線で豪華客船を2隻も建造していた。
 Y口さんは、出荷路線で3隻体制で出荷を行っては稼いだ金で建物を買いあさっていた。
 私は、建築路線だ。食費は借金で賄ってひたすら建設に邁進したが、借金が膨らみすぎて大敗を喫した。やっぱり借金は駄目だな。
 結果はY口さんの大勝だった。

 戦争と平和はK藤2号さんとK全さんがアウステルリッツ・シナリオをプレイしていた。

 銀河連合をY口さん、Hさんとプレイした。
 Y口さんは祖先から受け継いだ超兵器を有する軍事種族ムアート、Hさんは科学技術に秀でたジョルナー、私は最強軍事種族の呼び声の高いサーダックノールだ。
 ジョルナーは高い技術力を活かして瞬く間に3レベルまで技術を上げた。しかし、その後が続かず、更にサーダックノールがハッキングシステムを駆使してジョルナーの技術を盗んで追随していた。一人ムアートだけが技術進歩に遅れを来していた。
 外交関係は、ジョルナーが全方位外交を行い、サーダックノールとムアートは敵対状態にあった。一時期、ムアートの二枚舌外交に引っかかってサーダックノールとムアートの間に同盟が締結されたときもあったが、我に返ったサーダックノールがすぐに破棄していた。
 連合議会はほとんど機能していない。1回だけ復員決議が行われただけだった。そのとき最大の影響カードを出したサーダックノールがずっと議会の支持を維持して威信戦略での強みとなっていた。
 戦争はゲーム中1度だけ勃発した。ムアートがサーダックノールに仕掛けたのだ。戦力的には、ムアートが超兵器の分だけ優位にあった。サーダックノールは戦争を回避する道もあったが、受けて立ったのである。
 機動兵器戦闘では、ムアートの4戦力に対し、サーダックノールは3戦力であった。数に勝るムアート軍であったが、その装備は旧式だった。技術力の差が出たのか、4戦力で戦果は3にしかならず、期待の超兵器も暴走して自軍に大打撃を与える体たらくだった。制空権を奪ったサーダックノールはムアート艦隊に対し、ブラックホール弾頭の大型ミサイルを放ったが、これは効果が薄く、ムアート艦隊に対し損害を与えることができなかった。
 勝敗は艦隊戦に持ち越された。ムアート艦隊5戦力、サーダックノール艦隊4戦力だ。サーダックノール艦隊には、対艦攻撃によるボーナスがあり、戦力は互角だった。しかし、ムアートの超兵器はまたも暴走し、自軍を蹂躙した。一方サーダックノール艦隊の砲撃は面白いようにムアート艦を捉え、圧倒的大勝利となった。サーダックノールに損失艦はなく、ムアート艦隊は実に過半数の3戦力を失った。この勝利により、サーダックノールは軍事力最強を常に維持することとなり、独裁官に選出されること3回と他の種族を圧倒して勝利を収めた。

 レースフォーザギャラクシーを銀河連合終了後、同じメンバーでプレイした。
 私の母星はスパルタ。軍事路線を進めて勝利した。Y口さんは消費戦略で大量のVPマーカーを稼いでいたが、わずか1点及ばなかった。
 Hさんはこちらも軍事路線を進めていたが、終盤にまともなカードが全く引けずひたすら探索戦略を繰り返して没落していた。
 私の勝因はカードの引きが良かったこともあるが、生産物の消費先が無く、消費戦略を選ばれても生産物が残り、自分の都合の良いときに換金できたのが、良かったと思う。
[PR]

  # by U1_KAZAMA | 2009-12-29 19:52

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE