<   2009年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

2009年12月27日 TSS例会

 当日の参加者は6名。
 プレイされたゲームは、ルアーブル、戦争と平和(AH)、銀河連合(同人)、レースフォーザギャラクシー等。

 ルアーブルをY口さん、Hさんと3人でプレイした。
 Hさんは船の建造路線で豪華客船を2隻も建造していた。
 Y口さんは、出荷路線で3隻体制で出荷を行っては稼いだ金で建物を買いあさっていた。
 私は、建築路線だ。食費は借金で賄ってひたすら建設に邁進したが、借金が膨らみすぎて大敗を喫した。やっぱり借金は駄目だな。
 結果はY口さんの大勝だった。

 戦争と平和はK藤2号さんとK全さんがアウステルリッツ・シナリオをプレイしていた。

 銀河連合をY口さん、Hさんとプレイした。
 Y口さんは祖先から受け継いだ超兵器を有する軍事種族ムアート、Hさんは科学技術に秀でたジョルナー、私は最強軍事種族の呼び声の高いサーダックノールだ。
 ジョルナーは高い技術力を活かして瞬く間に3レベルまで技術を上げた。しかし、その後が続かず、更にサーダックノールがハッキングシステムを駆使してジョルナーの技術を盗んで追随していた。一人ムアートだけが技術進歩に遅れを来していた。
 外交関係は、ジョルナーが全方位外交を行い、サーダックノールとムアートは敵対状態にあった。一時期、ムアートの二枚舌外交に引っかかってサーダックノールとムアートの間に同盟が締結されたときもあったが、我に返ったサーダックノールがすぐに破棄していた。
 連合議会はほとんど機能していない。1回だけ復員決議が行われただけだった。そのとき最大の影響カードを出したサーダックノールがずっと議会の支持を維持して威信戦略での強みとなっていた。
 戦争はゲーム中1度だけ勃発した。ムアートがサーダックノールに仕掛けたのだ。戦力的には、ムアートが超兵器の分だけ優位にあった。サーダックノールは戦争を回避する道もあったが、受けて立ったのである。
 機動兵器戦闘では、ムアートの4戦力に対し、サーダックノールは3戦力であった。数に勝るムアート軍であったが、その装備は旧式だった。技術力の差が出たのか、4戦力で戦果は3にしかならず、期待の超兵器も暴走して自軍に大打撃を与える体たらくだった。制空権を奪ったサーダックノールはムアート艦隊に対し、ブラックホール弾頭の大型ミサイルを放ったが、これは効果が薄く、ムアート艦隊に対し損害を与えることができなかった。
 勝敗は艦隊戦に持ち越された。ムアート艦隊5戦力、サーダックノール艦隊4戦力だ。サーダックノール艦隊には、対艦攻撃によるボーナスがあり、戦力は互角だった。しかし、ムアートの超兵器はまたも暴走し、自軍を蹂躙した。一方サーダックノール艦隊の砲撃は面白いようにムアート艦を捉え、圧倒的大勝利となった。サーダックノールに損失艦はなく、ムアート艦隊は実に過半数の3戦力を失った。この勝利により、サーダックノールは軍事力最強を常に維持することとなり、独裁官に選出されること3回と他の種族を圧倒して勝利を収めた。

 レースフォーザギャラクシーを銀河連合終了後、同じメンバーでプレイした。
 私の母星はスパルタ。軍事路線を進めて勝利した。Y口さんは消費戦略で大量のVPマーカーを稼いでいたが、わずか1点及ばなかった。
 Hさんはこちらも軍事路線を進めていたが、終盤にまともなカードが全く引けずひたすら探索戦略を繰り返して没落していた。
 私の勝因はカードの引きが良かったこともあるが、生産物の消費先が無く、消費戦略を選ばれても生産物が残り、自分の都合の良いときに換金できたのが、良かったと思う。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2009-12-29 19:52

2009年12月13日 TSS例会

 当日の参加者は10名。
 プレイされたゲームは、日露戦争(コマンド)、スモレンスク攻防戦(コマンド)、チトー(SPI)等。

 スモレンスク攻防戦はH赤軍対Y口独軍のプレイ。
 赤軍の増援は精鋭部隊ばかりで、独軍の攻撃ははかばかしい進捗がなく、第4ターンには、赤軍の反撃が各所で行われ、独軍装甲が除去の危機に陥っていたようだ。しかし、天は赤軍を見放していて、3カ所の攻撃がことごとく失敗した。
 それからは独軍のペースで、第7ターンの時点で、イェルニアを占領し、赤軍が維持できそうな勝利得点都市はクリチェフぐらいになっていた。

 チトーは、K全さん、T島さん、それにK藤2号さんもプレイしていたのかな?
 ルール読みから始めていたので、プレイの開始は午後にずれ込んでいた。

 日露戦争を久しぶりにプレイした。
 O崎さんが日本軍、私がロシア軍だ。私はロシア軍の方が好きなので、こちらから露軍のプレイを申し出た。
 プレイしたのは、最近出たばかりのJWC版だ。日本軍のユニットの色が赤になっていたのが目立つ違いかな。流石に2回目の作り直しとあって、細かいところの明確化やプレイエイドが充実していた。しかし、細かい明確化がことごとくロシア軍不利になっていたような、、、。
 O崎さんはあまりプレイしたことが無いとのことだったので、旅順篭城策のような奇手ではなく、オーソドックスにプレイした。
 第1ターンの戦闘結果はDDだった。久しぶりで後退の仕方を間違えたけれど、日本軍も追撃の仕方を間違えてくれて結果オーライで、除去ユニットなく切り抜けられた。
 しかし第2ターンの南山攻略戦では、まさかのDEを喰らって旅順の命運は早々に決まってしまった。仕方が無いので、1個旅団を足止めに遅滞を行うも、これもDEを喰らって要塞守備兵力に事欠く有様となった。
 日本軍は主力を山地方面に指向し、第2軍は手薄だった。それに合わせてロシア軍も山地方面に手厚く兵力を回した。しかし日本軍の攻撃は的確にロシア軍の手薄なところを叩き、賽の目での失敗もなかった。一度ARが出たものの、ロシア軍戦線の後方へと抜けていったため、却ってロシア軍が苦しい始末だった。
 第2軍に対しては、騎兵を犠牲に遅滞戦を行った。戦闘後前進での包囲が怖くてまともな戦線を引かなかったのだが、振り返るとこれは失敗だったかもしれない。
 結局第8ターンにロシア軍の戦線が張り切れなくなって投了した。
 第6ターンにロシア軍最左翼の山地の端で5対1攻撃でDEを喰らって騎兵2個連隊が全滅したのが、一番効いたな。そのために第8ターンにシベリア師団を含む2ユニットが憮順前面で包囲されて戦線が崩壊した。
 戦線崩壊がわかった時点で、遼陽前面でロシア軍は反撃に出た。1対1の包囲攻撃で日本軍1個師団を撃滅したものの、それが最後のロシア軍の煌めきだった。
 プレイ中は大きなミスはなかったと思うのだが、小さなミスが積み重なって失血死してしまったようだ。それと予備を全く捻出できなかったのがいけなかったかな。尤も、ロシア軍で予備を残しておけるような余力があればゲームに勝っているか。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2009-12-13 23:01 | 日露戦争

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE