<   2009年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

2009年2月22日 TSS例会

 当日の参加者は7名。
 プレイされたゲームは、レッドタイフーン(コマンド)、No Retreat!(VPG)、Race for the Galaxy(Rio Grande)、ゾンビニオン(同人)。

 No Retreat!はY口独軍とK全赤軍の対戦。
 K全赤軍がいいところなくサドンデス負けを喫していた。
 その後再戦していたようだ。

 Race for the Galaxy、ゾンビニオンはT之内さん、T井さん、O鋸さんの3人でプレイされていた。

 レッドタイフーンをプレイした。
 私が赤軍、K藤2号さんが独軍だ。
 セットアップで独軍は大きなミスを犯した。機械化部隊の多くを森林地帯に配置してしまったのだ。おかげでその後の移動に苦労していた。
 赤軍は第1打撃軍を西部方面軍左翼に移籍した。

第1ターン
 赤軍はカリーニン方面軍、西部方面軍左翼を機動攻撃させ、これに加えて、北部方面軍も攻撃を行った。行動ポイント2ポイントを持ち越す。
 北部方面軍は2個師団を包囲し、1個師団をEXで撃破した。
 カリーニン方面軍は全体に西方へと戦力をシフトさせ、2カ所で攻撃を行った。その結果は、1個師団撃退とCの失敗でパッとした戦果ではなかった。
 南方の攻撃はEXとCと振るわない。
 赤軍の最前線はスヒニチまで2ヘクスだ。

 独軍は移動のみで、第4装甲軍以外を後退させた。北方は予備を投入してなんとか穴を埋めていたが、南方は機械化部隊を森林に配置したため穴が埋まりきらない。

第2ターン
 ブリャンスク方面軍、西部方面軍左翼、カリーニン方面軍、北部方面軍を機動させ、ブリャンスク方面軍以外は攻撃を行った。今思うと、ブリャンスク方面軍は動かさずにいた方が良かったかな。
 北方は包囲した2個師団を掃討したが、他4カ所の攻撃は1カ所を除いてCの結果と振るわなかった。
 南方は1個師団を包囲撃滅し、3個師団を撃退して大穴をあけることに成功した。
 赤軍はムツェンスク、スヒニチを占領した。

 独軍は予備以外の4個軍を機動した。
 都市の保持など無視して、全軍を後退させる。北方は赤軍の攻撃が失敗したため穴は開いていないが、南方の穴はふさぎ切れていない。

第3ターン
 赤軍は総攻撃に移った。ブリャンスク方面軍を除く全方面軍で攻勢に出る。
 北方は5個師団を撃退し、修復不能の大穴を穿つことに成功した。
 中央の第4装甲軍に対する攻撃では4個師団を撃滅する大戦果を挙げた。
 南方は2個師団を包囲撃滅し、2個師団を撃退した。
 フユノフに隣接、モジャイスクを占領、ルジェフ、スチェフカまで3ヘクス、ホルムまで2ヘクスまで進撃していた。

 独軍は全軍を移動させ、南方と中央の穴は繕ったが、北方は繕いきれなかった。

第4ターン
 赤軍は西部方面軍、カリーニン方面軍、北部方面軍で移動攻撃を行う。
 北方では3個師団を包囲撃滅し、2個師団を撃退の戦果を挙げる。しかし、1カ所の攻撃は失敗。
 南方は1個師団を撃滅し、4個師団を撃退し、2個師団を包囲下に置いた。
 ホルムとネリドヴォを占領、ルシェフに隣接、メディンを占領。
 第1打撃軍の撤収命令は無視した。

 独軍は再び全軍を移動させ、戦線を整理する。
 北方は一気にヴェルキエルキまで下がり、ベーリィ北2ヘクスで戦線を張る。しかし、差し渡し4ヘクスに渡る穴が開いていた。
 中央はルジェフを放棄し、スチェフカ−クジャツク−ユスノフ−キーロフに戦線を張る。
 南方は、オリョルを放棄し、ブリャンスクとの中間付近に布陣した。

第5ターン
 赤軍は空挺師団をベーリィ西1ヘクスに降下させ、持ち越した行動ポイントを全て吐きだしての大攻勢をかける。ブリャンスク方面軍以外の全軍を移動させ、そのうち西部方面軍右翼以外は攻撃である。
 北方は独軍の後退が速く、歩兵部隊は追いつけない。快速部隊だけでのヴェルキエルキ攻撃は失敗。
 空挺との共同攻撃でベーリィ守備の2個装甲師団を包囲撃滅した。
 南方では、パルチザンの協力を得て4個師団を包囲撃滅し、これにより第2装甲軍の装甲部隊は全滅した。
 フユノフ、ルジェフ、ベーリィを占領。スパスデメンスクまで3ヘクス。ヴェリシの隣接ヘクスまで快速部隊を進撃させた。

 独軍はまたも移動だけで行動ポイントを使い切る。
 全軍を後退させ、戦線短縮を試みる。スチェフカもクジャツクも放棄し、ヴィヤジマのラインまで後退していた。それにより、南方の穴は取り繕っていたものの、北方の穴は最早どうしようもない様子だ。

第6ターン
 前ターンに貯金を使い果たしたので、今回は西部方面軍左翼、カリーニン方面軍、北部方面軍を移動戦闘させることしかできない。
 北方では2個師団を包囲撃滅し、1個師団を包囲下に置いた。
 南方でも2個師団を撃滅し、3個師団を撃退、1個師団を包囲下に置き、今度こそ修復不能の大穴を開けた。この戦果に満足した赤軍は第1打撃軍の撤収に応じた。
 スパスデメンスク、ベーリィ、ヴェリシ、ヴェルキエルキを占領した。

 独軍は更に全軍後退を続ける。南方はブリャンスクまで下がり、中央はヴィヤジマも放棄、北方はヴィテブスク−デミドフと東西に戦線を張っていた。
 キーロフ周辺の大穴はふさぎ切れていない。

第7ターン
 前ターンに引き続いて、西部方面軍左翼、カリーニン方面軍、北部方面軍を移動戦闘させる。
 北方では1個師団を撃滅し、1個師団を撃退した。
 南方では、2個師団を撃滅し、2個師団を撃退した。
 ヴィテブスクを占領。ヤルツェボまで3ヘクスと迫る。

 独軍は予備部隊がほぼ壊滅したため、その他の軍を移動させ、初めての攻撃を行い、戦線後方のパルチザンを始末した。
 南方の穴はふさぎきれず、ロスラウリへの道路が無防備に開け放たれていた。
 北方は、オルシャ−スモレンスクのモスクワ街道沿いに戦線を張っていた。

第8ターン
 行動ポイントの配分は前ターンと同じで戦果拡張を図る。
 北方で、2個師団を撃退し、1個師団を包囲下に置く。
 南方では、4個師団を撃滅した。
 デミドフを占領し、オルシャに隣接した。ロスラウリまで後2ヘクスだ。

 独軍はオルシャ、スモレンスク、ヤルツェボ、ロスラウリ、ブリャンスクの守備を固めた。

第9ターン
 今まで放置してきたブリャンスク方面軍、西部方面軍右翼を機動させた。西部方面軍左翼は引き続き移動攻撃を実施。カリーニン方面軍、北部方面軍は最早移動の必要はなかった。
 独軍が放棄していたオリョル、グジャツク、ヴィヤジマ、スチェフカを占領、ロスラウリも占領した。オルシャ、ヤルツェボは射程内にとらえたものの占領にはいたらず。

 独軍にはできることもなく、ゲームは終了した。

 赤軍の得点は都市得点が14点。
 独軍は都市得点は0,第1打撃軍関係の赤軍ペナルティが3の計3点。

 とは言え、今回はルール間違いもあったので、勝敗はなしだな。空挺やパルチザンは移動戦闘の後に登場でした。道理で空挺が凶悪に思えたわけだ。

 なかなか面白かったので、またプレイしたいな。今度は独軍かな。
 赤軍は第1打撃軍は1VP払っても必ず、西部方面軍左翼で運用すべきだ。それと、ブリャンスク方面軍は最終ターンまで動かす必要はないと思う。
 独軍は包囲されてもいいから勝利条件都市には確地部隊は必ず残すべきだと思う。それを撃滅するためだけに行動ポイントを使わさせるだけでもいいと思うし。やっぱり総統は正しいのだ。

 コマンドのリプレイ記事のセットアップにルール違反を発見してしまった。第4装甲軍の初期配置エリアで1ヘクス空いていた。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2009-02-23 03:13 | レッドタイフーン

DVDプレイヤー

 DVDプレイヤーの調子が悪い。
 三菱のプレイヤーなのだが、何を入れても、「傷物だろう、読めねーぞ」と、はき出されてしまう。修理するのも面倒なので(むちゃくちゃ鈍くさい機械で、使い勝手が悪いのだ。それにハードディスクには録画がたまっているし、ハードディスクプレイヤーとしてはまだ使えるので)、昔懐かしいパイオニアのLD兼用プレイヤーを引き出してきて使っていた。ところが、パイオニアの機械は古いだけに滅法傷に弱く、DVD-Rも苦手だった。TUTAYAで借りてきたディスク、特に子供向けのは、傷だらけでしょっちゅう止まる。
 仕方ないから新しいのを買おうかとかみさんと相談した。ブルーレイドライブをこの際買うのもいいかなと思ったのだ。しかし、まだちょっと高いよな。どうせなら、テレビと一緒に変えたいし、とか思いながら、ネットでどれがいいかと検索していた。そこで、「ブルーレイを見るだけならPS3で十分」というのを見て、気が付いた。家にもう一台、DVDプレイヤーがあることに。そうPS2が転がっていたのだ。ゲームも長いことご無沙汰で電源も抜かれて埃を被っていた。
 DVDプレイヤーとして再生したPS2は思いの外快適だった。リモコンがないのがちょっと不便だけど、いざとなったらリモコンだけ買えばいいや。
 とりあえず、出費が抑えられて良かった良かった。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2009-02-21 10:06 | 雑談

コマンド85号

 レッドタイフーンはなかなか面白そう。’41年の赤軍反攻のゲームというだけでも珍しいし。
 システム的には、素直で、単純な移動戦闘の繰り返しなのだが、行動ポイントのルールが強烈で、全然ドイツ装甲軍団シリーズという気がしない。
 目立ったルールとしては、第1打撃軍の扱い。他のユニットの戦力が3とか4とかなのに、1つだけ20戦力のこのユニットは途中で撤収させることができて、それをしないと赤軍にVPペナルティが課される。赤軍スタックの倍以上の戦力を集中できるので、このユニットの使い方が鍵になるのかな?
 勝利条件は基本的に都市の占領によって得る勝利得点の多寡。フルマップの全域に勝利条件都市は散らばっているのでプレイは難しそうだ。
 本誌のゲーム記事を読む限りでは赤軍は攻撃よりも移動で独軍を後退させるべきだと説いていた。攻撃するにも行動ポイントが余分に必要なので。だけどそれって’41年の赤軍に求めることなのかな?
 とりあえず、今度の日曜の例会でプレイしたいな。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2009-02-18 23:11 | 雑談

レオパルドと高嶺が掛け合い漫才するのはいつなのだろう

宇宙をかける少女が面白い。
何が面白いといって、ルルーシュのなれの果てが実にいい味を出している。
しかし、CC堂家の次女を ゆかな にさせているのは、意図的なのだろうか(笑)。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2009-02-16 23:05 | 雑談

ルナ・シューター

 ルナ・シューターを読んだ。林穣治のSF小説だ。いつものように地味なキャラクターで淡々とストーリーが進んでいく。仮想戦記出身の作家は大抵そうだな。この手の作家の面白さはキャラやストーリーではなく、思考実験的なところにあるので、ある意味当然だ。

 この作品でのテーマは、現代の技術レベルで月面を戦場にしたらどうなるかにある。月までの38万キロと言う補給線の長さは地球上ではありえないものであり、しかも、それは空輸しか受け付けないのだ。こんな補給線で大軍を維持することはできはしない。何しろ現地の環境は北アフリカの砂漠と比べても比較にならないほど劣悪なのだから。
 と言うわけで、月面上の軍隊はわずかに300名ほど。補給状況は第2次大戦の日本軍末期もかくやと思われるようなもので、残弾を1弾1弾数えながら戦う最貧っぷりだ。現実を考えれば、それでも大甘な気がするけど。

 さて、月での戦争なので、当然敵が要る。そこで、この作品では、宇宙からの地球侵略物にしてある。しかし、何分、思考実験のテーマが先にあり、地球軍の規模が規定されてします。それでも戦いになるように敵が設定してあるので、敵の方も宇宙の深淵を越えてやってきたにしてはとっても貧弱。なにしろ、やっつけ仕事で間に合わせに作ったとしか思えない液体燃料化学ロケットの月面戦闘機が宇宙人の新兵器として猛威を振るったりするのだから。まぁ、まだ未完の物語なので、敵の正体は謎に包まれていて、現時点では不明だけど。もしかしたら、作者にも不明で、追々明らかになっていくのかも知れない(笑) 。
 結構面白かったので、図書館に新刊が入ったら読もう。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2009-02-15 18:35 | 雑談

2009年2月14日 TSS例会

 当日の参加者は9名。
 プレイされたゲームは、モスクワ’41(コマンド)、Path of Glory(GMT)、アフリカ(Gamers)、スモレンスク攻防戦(コマンド)、ゾンビニオン(同人)等。

 Path of GloryはY口さんのK全さんへの指導プレイ。

 アフリカはSCSシリーズのアフリカ戦ゲームで、前々回の例会でT島さんとK全さんがプレイしていたゲームの第1版。第2版とはマップの地形とかいろいろ違うらしい。
 T島さんとK藤2号さんがプレイしていた。

 モスクワ’41をT内さんとプレイ。
 私が赤軍だ。
 セットアップは北方の森の第2線に騎兵を、戦車は南方の第2線に集中し、中央に戦車は2つだけ。全戦線は2線防御で第1ターンの突破は許さない布陣だ。
 第1ターンの独軍は北方の森林地帯は無視したが、それ以外はまんべんなく攻撃してきた。赤軍歩兵は精強で6戦力が頻繁に出て2対1や3対1の低比率での攻撃を多数強いたのだが、ことごとく切り抜けられた。結局失敗したのは1回だけだ。
 赤軍はスターリンの反撃命令も待たずに、突出した独軍装甲部隊に総攻撃を敢行していた。側面なんか敵に気にさせておけば良いとばかりに増援も景気よく投入した。結果は4個装甲師団を撃滅し、1個装甲師団を撃退した。大戦果だ。独軍の継戦意欲が目に見えて下がっていた。
 第2ターン。気を取り直した独軍は南方で大突破し、クルスク、オリョールを無血で占領し、モスクワへ南方から迫る。中央、北方でも赤軍の残存部隊の掃討戦を行った。中央に修復不能の大穴が開く。
 赤軍はどうせ戦線の穴は取り繕えないならとばかりにやはり反撃を選択。更に2個装甲擲弾兵師団を撃滅した。
 この大損害に独軍の継戦意欲は砕け散り、投了となった。

 スモレンスク攻防戦を続いてプレイ。今度は、T内さんが赤軍だ。
 第1ターンの増援はクリチェフ方面に2個、東方に2個。
 独軍はいつも通り、セットアップ兵力は全て東方へ移動。スモレンスクを占領した自動車化連隊2個の3対1攻撃は撃退の結果で可も無し不可も無しと言ったところ。
 赤軍の増援は5移動力以上の快速部隊がやたら多かった。その内、3−5歩兵がイェルニャへを送られた。その他1−8戦車をロスラウリ方面へ向かう。これが後に独軍にとどめの一撃となるのだ。
 第2ターン。独軍は増援を全てクリチェフへ向けた。第1ターンの増援の内2個師団が1戦力で弱体だった上に1個師団がロスラウリ方面に引き抜かれていたためだ。攻撃は好調で3個師団を撃退し、その結果砲兵1個を包囲した。
 スモレンスク方面は第1ターンに撃退した歩兵師団を包囲殲滅し、他に1個師団を撃退した。こちらも悪くない体勢だ。
 ソ連軍はクリチェフ方面で装甲擲弾兵連隊を撃退して、包囲された砲兵を救出した。スモレンスク方面は防衛ラインを固め、第2装甲集団と第3装甲集団の合流を許さない。第1ターンの増援がいずれも快速部隊だったためこれが可能となっていた。
 第3ターン。ここから独軍の躓きが始まった。
 クリチェフ方面で、赤軍のミスで1個砲兵師団を包囲でき、更に戦闘後前進で包囲可能な部隊があった。ところが、包囲部隊に対する2対1攻撃を失敗し、オマケにその失敗の結果もう一つの包囲もできなくなると言うミスまで犯してしまう。運良く6が出て1個師団を撃滅できたもののこのミスは独軍に取って非常に大きかった。
 スモレンスク方面は2個師団を撃滅するものの、第3装甲集団独力の攻撃に失敗してしまう。以後、第3装甲集団と第2装甲集団が合流することはなく、ずっと分断されたままとなってしまう。
 赤軍は独軍の攻撃兵力を削るべく、散発的な反撃を開始。低オッズの攻撃を3カ所行い、全て成功させる。
 第4ターン。
 独軍はクリチェフ方面での攻撃で要となる3対1攻撃に失敗して総崩れとなる。撃滅できた赤軍はゼロだ。2ターン続けての攻撃失敗でこの方面の赤軍を撃滅する目処が全く立たなくなってしまう。
 スモレンスク方面も1個師団を撃滅するものの、戦線が安定しつつあった。
 赤軍は戦線を構築しつつ反撃を行い独軍4ユニットを撃退した。独軍の使えないユニットが増加している。
 第5ターン。
 独軍はクリチェフに見切りをつけ、その方面の全軍を東方へ向けた。
 スモレンスクでは1個師団撃滅、1個師団撃退するが、戦力的には赤軍に逆転されつつあった。第3装甲集団は聖域に完全に押さえ込まれ身動きが取れない。
 赤軍はこのターンにFに1個の増援を配置していたが、それによって登場したのは4−6,5−6の最強歩兵コンビであった。イェルニャ方面には第1ターンに送られた3−5が居ただけだったのに。
 ロスラウリに居た1−8戦車師団がロスラウリーイェルニャ間の森の奥深くに布陣。ロスラウリにはやはりクリチェフから送られていた3−7戦車が籠もった。
 第6ターン。
 クリチェフ方面は防御態勢となる。と言うよりは、足止めだ。第5ターンに離脱できなかった部隊と増援で薄い戦線を構築する。
 スモレンスク方面は攻撃を継続し、1個師団を撃滅するが、その他の3対1攻撃2回を失敗。第3装甲集団は増援を得るものの、聖域から出ることができず、全く役に立たない。
 南方では守備隊を包囲撃滅してロスラウリを占領。
 イェルニャ前面では、独軍が3対1攻撃にここでも失敗していた。その結果、装甲師団1個が赤軍に包囲攻撃を受けることとなった。森の奥に潜んだ1−8戦車が後方を突いたのだ。2対1攻撃をきっちり決められて独軍は投了した。

 このゲームはひどかった。本来私は滅多に自分から投了はしないのだが、今回ばかりはやる気が失せた。3対1攻撃や要の攻撃にここまで失敗が続くとどうにもならない。それと、赤軍の増援の的確さだ。第1ターンの快速部隊と第5ターンの最強最速コンビには参った。
 私の独軍の方針はセットアップ戦力は全てスモレンスクへ送り、第2ターンの増援はクリチェフが叩けそうなら叩き、そうでなければイェルニャに向かうというものだ。今回は第2ターンの時点では、クリチェフは叩けそうだったので、規定の方針だった。しかし、赤軍の東方からの増援が快速で強力だったので、スモレンスクへ増援すべきだったかと思う。そうすれば、第2装甲集団と第3装甲集団は合流を果たしていただろう。とは言え、結果論か。

 ゾンビニオンは4戦して、3勝1引き分けと快勝。スモレンスクの鬱憤を晴らした。
 
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2009-02-15 00:51 | 対戦記録 スモレンスク攻防戦

2009年2月8日 TSS例会

 当日の参加者は9名。
 プレイされたゲームは、モスクワ’41(コマンド)、レースフォーザギャラクシー、ゾンビニオン(同人)等。

 モスクワ’41は2卓プレイされた。
 O崎さんとY口さんのプレイは、手慣れたプレイでO崎独軍が危なげなく勝利していた。装甲師団、装甲擲弾兵師団の半数を南に、残りの2/3を北方に投入し、中央にはほとんど投入しない布陣でY口赤軍の意表を突いていた。

 もう一卓はK藤2号さんと私。
 私は初めての赤軍だ。セットアップは北方に騎兵を固め、戦車は主に南方の第2線に配置した。
 独軍は北方を無視して中央と南方に戦力を集中していた。
 第1ターンに赤軍は2カ所で反撃を行った。装甲のスタックに対して1対1の包囲攻撃を行った。しかし、どちらも失敗してしまう。今回のプレイでは、みんなこんな調子で、何度も装甲部隊に対する反撃を試みるのだが、ことごとく失敗してしまった。
 赤軍の反撃命令は第2ターンに発令され、赤軍有利に全体の流れは推移していた。北方は独軍に無視されていたので、カリーニンにも遠く及ばず。中央も独軍の攻勢が途中で北方にスイングしたため、カルーガの要塞ラインにも到達していなかった。
 問題は南方で、ツーラが落ちるところは致し方ないところがあったのだが、ヴォロネジの攻防戦で2対1の包囲攻撃を2回行って戦果はEX1回のみと言うのが決定打となってしまった。最終ターンにもヴォロネジ奪還の目もあったのだが、失敗してしまった。
 得点を計算してみると、独軍21VPで、独軍の勝利だった。ヴォロネジにもう少し早く増援を投入しておくべきであった。
 
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2009-02-08 16:59 | モスクワ’41

地デジ

 地上デジタル放送が始まり、アナログ放送が2011年に放送終了となる。
 一般視聴者は誰も望んでいないことだが、そういうことに何故かなってしまっている。酷い話だ。まぁ、2011年には、今のテレビも大分古くなっているので、買い替えることには吝かではないのだが、なんでこう何年も前から、変えろ変えろとしつこくCMされなければならないのか?それだけでは飽き足らず、番組中にまで、「アナログ」などと表示しやがって、余計なお世話だ。
 これだけでもいい加減うざいのに、とんでもない暴挙を始めた。番組中にでっかいテロップを流してやがる!初めて見たときは信じられなかった。番組視聴の妨害までするのかと。
 どうせ木っ端役人が普及率が上がらないことに業を煮やした結果の思いつきなのだろうが、ここまで視聴者無視の暴挙を強制するとは、役人はほんとに屑だな。
 役人主導で、事業をやらせてはならないと言う見本だ。利用者のことは何も考えず、勝手なことばかりやりやがる。役人は一体自分を何様と思い上がっているのだろう。いつまでも御上気分でいるんじゃないよ、全く。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2009-02-08 01:06 | 雑談

蒼穹のファフナ

 放送していたときには、1話か2話見て、つまらなくて見るのをやめたのだが、近くのTSUTAYAでの手書きのPOPが笑えた。
 最初は「?」だが、我慢して続けて見ていると良くなる。みたいな調子で、こう続く。「12話以降脚本家が変わって16話で最高に盛り上がる」だったかな、正確な引用ではないけど、こんな感じ。12話我慢するのかよ!とつっこみを入れたくなるよな。
 でも本当にそうなのか、ちょっと確かめたくもなる。なんだか微妙なPOPだ。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2009-02-06 00:17 | 雑談

資産の動かし方

 お宝鑑定団を見ていると流れているCMなのだが、東京海上証券のCMが実に非道い。
 じいさんが「資産の動かし方がわからないのですよ」と言うのに対して、動かし方お教えしますみたいなCMなのだが、その資産を象徴的に1mぐらいの大きさの玉で表しているのだ。これは無いだろう、非道いだろうと思う。
 何故なら、資産とは通常不動産を指す。端的に言って土地だ。それを玉で表すことはないだろう。これじゃ、この会社の「資産の動かし方」とはつまり、「転がす」ことになるじゃないか。
 こんなCMを何年も流しているのはどういう神経なのかと見かける度に思う。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2009-02-05 03:19 | 雑談

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE