<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

2008年10月25日 TSS例会

 当日の参加者は6名。
 プレイされたゲームは、真田軍記(天下布武)、ブルー&グレイ(コマンド)等です。

 真田軍記は謙信上洛のシステムを用いた大坂の陣のゲームです。
 大坂方に自由裁量が与えられている上に、勝利条件やシチュエーションが大坂方の積極性を求めるため、真田幸村や後藤又部衛が大暴れする火葬戦記ゲームです。
 今回もT内大坂方が彦根を落として関ヶ原を窺う展開となっていました。
 徳川方はK藤2号さん。

 ブルー&グレイをプレイしました。
 アンティータムです。
 私は北軍をプレイ。相手はKさんでした。
 第1ターンの北軍は右翼の第1軍団、第12軍団を何も考えずに真っ直ぐ南軍に突撃させます。戦線も考えていなかったため、南軍の反撃で手酷く叩かれてしまいました。
 それに懲りて多少は慎重にもなりましたが、相変わらず目先の攻撃を優先したため、北軍の1/3ぐらいは後方に取り残されて、最後までセットアップ位置にとどまってしまいました。
 それでも、賽の目に恵まれたのと、Exが連発したこともあって、両軍のユニットがすごい勢いで溶けていく展開でした。そんな展開でしたので、物量に勝る北軍が南軍を押し込んで行き、最終ターンには、シャープスバーグに到達しました。
 しかし、除去戦力を計算してみると北軍の方が15戦力以上多く除去されており敗勢です。最終ターン開始時の時点で、シャープスバーグの占領は不可能で、この点差を挽回するためには、南軍戦力をそれ以上に除去するしかありません。幸い、最前線に出てきていたヒルの師団16戦力を包囲するチャンスがありました。これを除去できれば勝利も夢ではありません。しかしシャープスバーグに籠もるヒルの師団は流石に堅く1対2しか立ちません。それでも成功率は1/3あります。これに賭けた北軍でしたが、残念ながら失敗。北軍が敗れました。
 過去のコマンド付録となった、フルマップのアンティータムとプレイ感はよく似ていました。特に負けている気が全然しないのに、勝利得点を計算してみると敗北しているところなんかが、、、あれ?。いや、違う。あの時は私は南軍だった。じゃあ丁度逆なんだ。
 フルマップアンティータムは、南軍に攻撃ボーナスがあったので、ガンガン攻撃して、北軍3個軍団を全滅させる大戦果を上げていたのですが、南軍の方が損害による失点が1戦力当たり北軍の倍になるので、勝利得点で負けたことがありました。
 しかし、このアンティータムは手軽で面白いなぁ。

 ブルー&グレイは他にもプレイされていました。
 K全さんとT之内さんがチカマウガを、KさんとK全さんがアンティータムをもう1戦プレイしていました。

 しばらくはブルー&グレイがTSSの定番になりそうな勢いです。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2008-10-25 22:59 | ブルー&グレイ

2008年10月19日 TSS例会

 当日の参加者は12名。
 プレイされたゲームは、エチオピアのライオン(コマンド)、ラグナロック作戦(ツクダ)、銀河連合(同人)、MSG Wars(同人)等です。

 エチオピアのライオンはK全さんとT島さんのプレイでした。

 ラグナロック作戦はK藤2号さん作成のシナリオプレイです。
 最初に同盟降伏後にヤンがイゼルローン回廊に籠もった状況のシナリオがプレイされました。これは、どうやってもイゼルローン要塞を陥落させることが不可能だそうで、それが判明した時点でお開きになりました。
 もう一つ、ロイエンタールの反乱シナリオがプレイされました。どちらも相手はN南さんです。
 ロイエンタールの反乱シナリオは観戦していました。
 K藤2号指揮する帝国軍はミッターマイヤー元帥を先頭にハイネセンを目指します。他に、ビッテンフェルト、ワーレンの両艦隊がありましたが、ワーレン艦隊は強行軍を繰り返すミッターマイヤー艦隊に追従することができず遅れ気味の進撃となります。
 帝国軍には他にイゼルローン回廊方面から進発したメックリンガー艦隊があります。
 ロイエンタール艦隊はベルゲングリューンを別働隊の指揮官としてハイネセンを進発し、ミッターマイヤー迎撃に向かいます。
 シナリオとして帝国軍には時間制限が、ロイエンタールにはハイネセンに隣接されるだけで敗北という制限が課されているため、必然的に正面からの決戦となります。
 帝国軍はワーレン艦隊を欠いているため、数的に若干劣勢でした。また、ロイエンタールの指揮能力がミッターマイヤーよりも若干優秀なこともあって、ロイエンタール艦隊の方が有利と思われましたが、戦術選択の妙や、ダイスの目もあって、互角の戦いが繰り広げられました。そして、ワーレン艦隊が戦場に到着します。それを受けて帝国艦隊は攻勢に出ます。ビッテンフェルト艦隊が突撃します。しかし、ロイエンタールは冷静に突出したビッテンフェルト艦隊の側面を突き、これを殲滅してしまいます。1個艦隊を失ったミッターマイヤーはすかさず撤退し、カイザーに増援を請うのでした。
 しかし、そのとき、別働隊のメックリンガー艦隊がハイネセン近傍まで迫っていたのです。急遽反転し、ハイネセンに急ぐロイエンタールでしたが、メックリンガー艦隊の方が先にハイネセンに到着し、帝国軍の勝利に終わりました。
 コマ数が少なくて(両軍合わせて7個しか盤上にない)、それでいて、艦隊戦がそれなりに楽しめる、なかなか面白いシナリオではないでしょうか。

 銀河連合を4人でプレイしました。
 H男爵、O鋸ムアート、S藤サーダックノール、風間イサリルでのプレイです。
 男爵はコストを支払うと戦闘のダイス目に修正を得ることができる種族能力を備えた軍事系種族。ムアートは超兵器を有する軍事系種族、サーダックノールは軍事力増強に優位のある軍事系種族、イサリルは生産能力が高い非軍事系の種族です。
 男爵は第1ターンの最初にいきなり外交戦略を取り、軍事系種族で戦争が種族勝利条件にもかかわらず、全種族と同盟を締結します。続く、ムアートは軍事戦略を取って、イサリルに宣戦布告しますが、イサリルは無視します。サーダックノールは開発戦略を取って、ブラックホール発電を実用化します。
 その後、イサリルも、全種族と同盟を締結します。
 それを待っていたかのように、サーダックノールとムアートで戦端が開かれ、どちらも同盟種族であるため、参戦義務が果たせない男爵とイサリルは違約金の支払いに苦しむのでした。戦い自体は、サーダックノール優位ではありましたが、超兵器を有するムアートはそれほど遜色のない戦力ではありました。しかし、腐った賽の目でまるで相手にならず、連敗を喫して戦力を半減していました。
 技術的に銀河をリードしていたのは、イサリルでした。軍事技術に特化した技術開発で、技術的には、銀河最強の性能を誇る艦隊となっていました。尤も、全ての種族と同盟を締結していたので、戦争することはなく、宝の持ち腐れでしたが。
 勝利条件的には、種族勝利条件の達成が容易なイサリルが先行し、VP3に達します。しかし、達成しやすい勝利条件カードを多数引いたサーダックノールが逆転、VPを4とし、勝利に王手をかけます。負けじと男爵も帝都支配、技術大国、威信VPで3VPを得て急追します。
 VPで逆転されたイサリルは、銀河連合総会を我がものとしていたムアートの強力を得て、サーダックノールに対する経済制裁を発動するのでした。しかし、その甲斐もなくサーダックノールは更に2VPを加えるのでした。イサリルもVP5を達成したのですが、サーダックノールは6VPとなっており、追いつけませんでした。軍事力でも最強のサーダックノールですので、反逆もできずに勝利を確定しました。

 MSG Warsは午後になって、S藤さんの「あまり、考えなくていいゲームがしたい」とのリクエストでプレイされました。
 プレイヤーは銀河連合と同じです。
 展開はいつものように序盤突出した私が袋だたきにあって、皆が追いつき、最後の戦いで、勝利条件の100点を突破しましたが、S藤さんが2点私を上回っていて負けてしまいました。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2008-10-19 19:00 | 銀河連合

2008年10月11日 TSS例会

 当日の参加者は12名。
 プレイされたゲームは、関ヶ原(エポック)、バルジ大作戦(エポック)、1941(コマンド)、When Tigers Fight(コマンド)、スモレンスク攻防戦(コマンド)等です。

 関ヶ原はT之内さんとN南さんのプレイでした。
 第1ターンにやる気のなかった織田秀信が城を出なかったため、6ターンになっても岐阜城が落ちず、T之内東軍の投了で終わっていました。
 N南西軍はサドンデス勝利狙いだったのか、序盤から盛大に恩賞をばらまいて調略戦で東軍を圧倒していました。その分、ゲームが続いていたら調略は苦しくなっていたでしょうが。

 バルジ大作戦はMねさんとY口さんのプレイ。
 意外なことにY口さんは2回目のプレイだったそうです。
 Y口連合軍のセットアップはMねさんの指導の下、旧シミュレータ誌で紹介されたベストセットアップを行ってのスタートでした。
 連合軍が第3ターン辺りで戦線崩壊の危機を迎え、あわや投了かと思われましたが、Mねさんの賽の目の悪さに助けられて、なんとか持ちこたえてゲームを続けていたようです。

 1941はK全さんとT内さんのプレイ。
 K全独軍は絶好調のダイス目とのことでしたが、その割りに10月でスモレンスク辺りとモスクワまでの道のりの半ばで、思ったより進撃していませんでした。

 When Tigers Fightはコマンド日本版創刊号のゲームで、インパール作戦と大陸打通作戦をテーマとしたタイ・ボンバ システムのゲームです。
 D井さんとT島さんのプレイです。
 D井日本軍が巧妙にT島連合軍の勝利得点獲得を許さず、せこく1VP稼いで1対0で勝利を収めていました。

 スモレンスク攻防戦をプレイしました。
 1年ぶりに参加されたIとちゃんとプレイしました。
 ほとんど出戻り状態ということで簡単なゲームをと言うことでドイツ戦車軍団システムのこのゲームをプレイしました。
 Iとちゃんの希望で彼が独軍、私がソ連軍です。
 第1ターン、独軍は全軍を東に向かわせ、最前線の自動車化連隊はスモレンスクを占領し、ソ連軍1個師団を撃退し、戦線に収容不可能な位置へ追いやります。久しぶりのプレイとは思えない、的確な運用でした。
 ソ連軍は増援を南と東に2個ずつ配置しますが、南の4個師団は3つが1戦力と大はずれで守りを固めることもできません。
 第2ターン、独軍は増援を全て南方へ向かわせ、クリチェフ周辺のソ連軍を攻撃します。その結果クリチェフの維持が不可能となったソ連軍はクリチェフを放棄して後退します。
 スモレンスク方面ではソ連軍2個師団が包囲殲滅され、戦線を張ることができません。それならばと残存3個師団がスモレンスクへ突撃を敢行し、独軍2部隊を撃退し、スモレンスクに突入します。
 その他のソ連軍は第3装甲集団の登場を警戒してヤルツェボの河の東へ引きこもります。
 第3ターン、独軍は南北で大戦果を挙げ、クリチェフを確保し、スモレンスクを奪還します。しかし、スモレンスク攻撃に総力を挙げたため、東方への進撃はできません。
 ソ連軍はクリチェフ方面に2個師団を投入して梃子入れしますが、焼け石に水状態です。
 東方ではヤルツェボの河のラインに強固な防衛ラインを構築し、イェルニャ方面に戦線を伸ばします。
 スモレンスク方面では残存部隊は西の森林地帯へと後退しますが、部隊が少なすぎて戦線になりません。
 第4ターン、独軍は南北でソ連軍を追撃し、大きな戦果を収めます。クリチェフ方面、スモレンスク方面共、ソ連軍は総崩れとなります。
 ソ連軍はそれら両方面を見捨て、全ての増援をイェルニャへ投入します。
 独軍もこの方面へ部隊を投入しますが、未だ少数です。
 第5ターン、独軍はその矛先を東方へ向けます。ヤルツェボを攻撃し、イェルニャ方面へ続々と部隊を送り込みます。
 ソ連軍は独軍の攻撃を撃退していたヤルツェボを放棄します。第3装甲集団の増援が迫っていたためです。
 イェルニャ方面には6個師団の増援を送り込んで徹底抗戦の構えです。しかし、これほど大量の増援を送り込みますが、砲兵は全くなく、砲兵はみなヤルツェボ方面に偏ってしまいます。
 第6ターン、独軍もヤルツェボ、イェルニャ方面の戦線が連絡し、正面からの殴り合いとなります。この時点でソ連軍の勝利得点はロスラウリの1VPのみで、それも守備兵力はクリチェフ方面から後退した4個師団のみで、倍する戦力の独軍が迫り、風前の灯火です。そのため、最後の増援はロスラウリへ投入します。
 ソ連軍は全面反攻に出ます。勝利するには、ロスラウリを確保し、更にヤルツェボ、ポチノクを奪還する必要があります。正直何とかなりそうなのは、ヤルツェボだけです。最早、独軍装甲大隊を葬って勝利得点とするしかソ連軍の勝利はあり得ない状況でした。
 ヤルツェボ攻略のために砲兵と戦車を投入し、見事これを撃退し、ヤルツェボを奪還します。更にNKVDに督戦された戦車部隊は独軍戦線後方を走り、独軍装甲大隊2個を包囲します。退路を断ったところで正面からソ連軍の砲兵部隊が猛攻をかけます。それでも強力な独軍相手では1対1しか立ちません。後のないソ連軍は死兵と化して遮二無二突撃を繰り返し、遂に攻撃を成功させ、2個大隊を葬ります。
 この戦果で一気にソ連軍側に勝敗の天秤を大きく動かし、互角に振り戻します。
 第7ターン、独軍もやられてばかりではありません。先の装甲大隊壊滅により包囲されてしまった自動車化連隊2個を見事救出します。ロスラウリ方面もこの方面のソ連軍の半数を撃滅し、残余のソ連軍はロスラウリに籠もるしか手段が無くなります。
 イェルニャ方面はソ連軍が戦力で独軍を上回り、独軍は守勢に回ります。イェルニャまでの距離も遠く、最早これの占領は不可能でした。尤も、ポチノクにも遠く、ソ連軍がポチノクを占領することも不可能でした。
 救出された独軍自動車化連隊でしたが、ソ連軍はこれを追撃し、撃退、救出部隊の装甲大隊1個を包囲することに成功します。そして、見事これを撃滅します。これに加えて、イェルニャ方面で独軍装甲大隊に3対1攻撃を敢行し、見事にDEを出して撃滅します。
 実にソ連軍は4個装甲大隊の撃滅に成功し、最終ターンを待たずに勝利を確定しました。

 第6ターンの独軍ターンまでは、独軍有利の展開で、ソ連軍に勝ち目はほとんどありませんでした。それが、1対1攻撃2回連続成功による2個装甲大隊の撃滅で劇的に転換しました。とても痺れる展開で、最高でした。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2008-10-11 20:28 | 対戦記録 スモレンスク攻防戦

2008年10月5日 TSGC例会

 当日の参加者は12名。
 プレイされたゲームは、悪の帝国、18FL、プエルトリコ、銀河連合、カタン、郵便馬車、18TK、バルバロッサ、ズーロレット等です。

 銀河連合をプレイしました。
 FuruFuru地球連邦、T史ムアート、N浜イクスチャ、風間ナールの4人プレイです。FuruFuruさんは初プレイです。
 地球連邦は陸軍の強い軍事系種族、ムアートは超兵器を有する軍事系種族、イクスチャは外交に特典を持つ種族、ナールは機動兵器戦闘に強い軍事系種族です。
 ムアートとナールは軍事系種族として戦争に勝つことが種族目的であるため、同盟種族を絞る方向で考えていたのですが、イクスチャの外交攻勢に屈して同盟を締結させられてしまいます。それにより種族勝利条件を満たしたイクスチャが勝利得点でトップに躍り出ます。
 ナールは技術開発では、最初にハッキングシステムを開発し、他種族の最新技術をハッキングして最新技術を開発し、それを土台に最終的にレベル4の技術まで開発したのでした。
 地球連邦は軍事系種族でしたが、陸軍が強力な種族なためもあり、艦隊拡張では出遅れ、ムアートの宣戦布告に賠償金を支払って戦争を回避するていたらくでした。そのムアートもナールの宣戦布告に戦争回避を宣言するのでした。ナールは最大の艦隊戦力と機動兵器戦力を誇り、その艦隊は高機動戦艦によって編成され、機動兵器にはブラックホール弾頭の大型対艦ミサイルが装備されている銀河最強の艦隊でした。ムアートも超兵器を有し、戦力的には互角でしたが、軍事技術とナールの機動兵器戦闘の特殊能力に恐れをなしたのでした。
 軍事系種族が3種族もいたこともあり、各種族は軍備拡張に明け暮れ、銀河連合総会はほとんど開かれることもなく、イクスチャの提出した軍縮条約はムアートの拒否権発動によって葬られ、事実上議会は機能しなくなっていました。
 勝敗はナールが電撃的に勝利得点3点を一気に得点して勝利しました。
 その後、ムアートが銀河連合への反逆を行いました。
 ナールは地球連邦の援軍と共にこれを迎え撃ちます。
 機動兵器戦闘では、高機動ブースター装備の新鋭機を有する地球軍に期待が集まりました。しかし、まるで振るわず、ムアートの超兵器グラタンに翻弄されます。戦果は22対24とわずか2差でムアートに制空権を奪われるかと思われました。しかし、ナールはニュータイプ。「そこだぁ」と振り直したダイスで6を出して逆転。制空権を奪います。
 続く対艦攻撃では振るわず、大型ミサイルがムアートの高機動戦艦を追尾しきれず、わずかに1戦力の撃破にとどまります。
 そして艦隊戦となります。ムアートには発掘戦艦エクセリヲンがあります。しかし、エクセリヲンは暴走、味方を巻き込んで大爆発して果てます。そんなありさまですので、銀河連合艦隊に一方的に粉砕されてムアートは滅びました。
 
 プエルトリコを2回プレイしました。
 1回目はY村さん、K田さん、T史さん、私での4人プレイで2位。
 2回目はFuruFuruさん、K藤さん、N浜さん、T史さん、私の5人プレイで、トップが取れました。
 どちらも建築型での戦略で挑みました。
 1回目は、誰も石切場を取らない展開で、私は一人で4つも取ってしまいました。しかし、ミスが多くて、建築型にもかかわらず、ゲーム終了時に建物が2つ足りない展開で、最下位かと思ったのですが、意外に得点が伸びていました。
 2回目は最初にとうもろこしを得たので、出荷型にしようかとも思ったのですが、最初の建築で先に宿屋を買い占められて諦めました。それで建設小屋を買って建築型としました。これは石切場3つを得て、成功でした。作物は商品作物をとタバコにシフトしました。本当はコーヒーの方が良かったのですが、タイミング的にコーヒーが入らなかったので。そして、大小市場、商館のコンボでタバコを売り、その資金で建築を行うことを目論みますが、上家のT史さんがとうもろこし大量生産の典型的な出荷型で、売る前に出荷させられるということを何回かやられて苦しみました。それでも、コスト10の建物を3つ購入して、ボーナス得点17点を得て、トップを取りました。

 バルバロッサは粘土細工ゲーム。プレイヤーが適当に粘土をこねて何かを作りそれを当てるゲームです。2回目のプエルトリコと同じメンバーでプレイしました。
 私は電車とブルドーザーを作成。直方体二つをくっつけたのと、立方体に板を取り付けた、とてもわかりやすい造形でした。そのため、電車はあっという間に当てられました。それで負けました。ただ、ブルドーザーはドーザーを表した板を下に向けて置いたため、誰も当てることができませんでした。ただ、なんとなく分かりそうにみえるのか、みんなから質問攻めにされてしまいました。それでも、墓石だの冷蔵庫だのと言われて笑ってしまいました。
 一番凝った造形だったのは、FuruFuruさんで、キュウリかゴーヤにしか見えない緑の細長い棒でしたが、正解は枝豆で、なんと中に豆が作ってあったという。外から見えないとこにいくら凝ったって分かりませんよ!
 電車とT史さんの作った麻雀道具を当てたN浜さんの圧勝でした。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2008-10-05 22:00 | 銀河連合

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE