<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

2008年4月27日TSS例会

 当日の参加者は7名。
 プレイされたゲームは、トワイライトインペリウム(FFG)、ヒトラー電撃戦(コマンド)、もじぴったんです。

 ヒトラー電撃戦はコマンド最新号の付録です。ルールは難しくないのですが、ルールブックの書き方がさらりとした書き方で一読してもなかなか頭に入ってこないところがあります。そういうことで、T島さんとK全さんがプレイしていましたが、まずはルールの確認に時間がかかっていたようです。
 K全ヒトラーはポーランド侵攻をなんとか2ターンで終えましたが、そのためにあーでもない、こーでもないとかなりの時間をかけていました。
 ポーランド戦に思わぬ時間がかかったこともあって、フランス戦を終えることなく時間切れになっていたようです。
 折角、K全さんが珍しく、午前中に来ていたのに。

 トワイライトインペリウムをプレイしました。
 最近はT之内さん、Y口さんが揃うと立てています。今日も引き込まれました。
 T之内マインドネット、Y口イクスチャ、H地球連邦、風間ハカンの4人プレイです。第1ターン途中で、T井さんが来たので、Y口さんと一緒にイクスチャをプレイすることになりました。
 マインドネットは大艦巨砲主義で戦艦を建造すると有利な種族です。その他に最初のコマンド枚数が多かったり、初期技術が4つもあったりとセットアップが有利です。
 イクスチャは外交や議会工作に長けた種族です。
 地球連邦は陸軍が強く、その他にコマンドが多く入手できるのが大きな特長です。
 ハカンは経済的に裕福な種族です。
セットアップ
 ハカンの秘密勝利条件はゲートキーパー。ゲートのあるエリア全てに宇宙艦を派遣すれば達成できます。通常ならば結構難しい条件なのですが、今回は私に配られたタイルに4つのゲートエリアのうち3つがあったため、さほど難しい条件ではありませんでした。
 その他には特に変わったこともありませんでした。
 初期公開勝利条件は影響力10。当分達成は無理です。
第1ターン
 勢力拡張期です。
 ハカンは戦略選択の順番が最後でしたので、外交戦略と戦争戦略となります。それでも最初から2隻の輸送船を持っていたので、3星系を支配します。他に3星系支配したのは、ステイシスフィールドを開発したマインドネットだけです。イクスチャ、地球連邦は2星系、特に地球連邦は占領できていない惑星があり、少し出遅れます。
 その他、このターンの貿易で、ハカンを中心に、イクスチャ、地球連邦の三角貿易体制が確定し、一人マインドネットだけが閉め出されます。それにより、マインドネットは一切のトレードグッズを得ることができなくなり、経済的に大きく水をあけられることとなるのでした。
 このターンの公開勝利条件は、同色3つの技術です。
第2ターン
 ターン終了時に中立の惑星は4つだけと、ほぼ宇宙の分割が終了します。
 公開された勝利条件は技術5つ。
 このターンにマインドネットとハカンが技術3つ勝利条件を達成し、VP1を得ます。
第3ターン
 戦争準備期間です。各種族は戦力の充実に励みます。
 特筆すべきはマインドネットです。大艦巨砲主義者のはずなのに、戦闘機15機を集積して皆を驚かせます。その秘密は本星にあります。マインドネットの本星は生産力が5というちょっとあり得ない設定で、そこにあるスペースドックは実に1回の生産で8ユニットを生産できるのです。ちなみにハカンの本星の生産力は2で5ユニットしか生産できません。
 ハカンはこのターン本星隣接に配置したスペースゲートのある星系に巡洋艦2隻を配置し、次ターンでの秘密勝利条件達成を目論みます。そのためにこのターンはストラテジー戦略を取り、コマンドマーカーを大量に入手します。
 戦力拡充という点では、前のターンにミスをして、満足に生産できていなかったハカンが一歩出遅れているという感じです。
 このターンの公開勝利条件は、全種類の技術獲得です。今回は技術系の勝利条件がやたら多かった。マインドネット、地球連邦、イクスチャが技術5つを達成。マインドネットが2VPとトップに立ちます。
第4ターン
 とうとう戦争が勃発します。ハカンがイクスチャの惑星一つを占領したのです。
 ハカンがゲートキーパー作戦を発動し、これを達成。VP2を得ます。他種族の妨害を警戒して、最後に行動しようと大量のコマンドを消費したため、前ターンにストックが無くなるほどコマンドマーカーを用意したのに、このターン終了時には、ほとんどなくなってしまっていました。
 このターンでのトピックはイクスチャがワーサン建造の技術開発に成功したことです。
 公開勝利条件はメカトールレックスを1ターン支配する でした。ハカンが技術5つを達成し、このターン3VPアップに成功し、トップに立ちます。他は、イクスチャが4色技術を達成します。
第5ターン
 地球連邦を除く3種族が全面戦争に突入します。
 まず、マインドネットがメカトールレックスへ巡洋艦3隻と陸軍1個で侵攻します。イクスチャのディープスペースキャノンがこれを迎撃し、巡洋艦2隻を撃沈しますが、それを考慮しての3隻投入でした。マインドネットはメカトールレックスを占領します。
 ディープスペースキャノンの威力を目の当たりにしたハカンはこれは怖いと、辺境の不満カードでディープスペースキャノン1基をスペースドックごと破壊するのでした。
 イクスチャは主力艦隊をメカトールレックスへ投入し、マインドネットを撃破します。しかし、マインドネットはこれを狙っていました。イクスチャの主力艦隊が動いたのを見てマインドネット主力はイクスチャ支配下の星系に侵攻します。その際、ディープスペースキャノンによりまた2隻を失いますが、戦闘機15機、陸軍4の大兵力により、1惑星を占領します。
 それに対し、イクスチャにはまだ、多数の戦艦が残されていたのですが、反撃はありませんでした。何故なら、秘密勝利条件がメカトールレックスの支配、スペースドックと戦艦を作りきることだったからです。戦艦を失うわけにはいかない理由があったためでした。
 イクスチャと戦争状態にあったハカンはイクスチャの野望を阻止すべく、メカトールレックスへと侵攻します。アラートマーカーを持った主力艦隊(巡洋艦2、戦闘機9,輸送船2、陸軍3)を投入します。イクスチャ艦隊は戦艦2、戦闘機8、輸送艦2です。戦力的にはイクスチャ艦隊が上ですが、ハカンにはアラートマーカーがあります。アクションカードは何も使われませんでした。ちなみにハカンは種族特殊能力をフルに使用しており、充実したアクションカードを持っていましたが、残念ながら戦闘補助カードは防御用ばかりでした。辺境の不満みたいな嫌がらせカードは一杯あったのですが。
 戦闘の結果はハカン艦隊の全滅。イクスチャ艦隊は全ての戦闘機を失いましたが、艦艇への被害はありませんでした。
 一連の戦いで、マインドネットは10コスト程度、イクスチャは5コスト程度、ハカンは20コスト程度の被害をそれぞれ被りました。ハカンは一番損害が多かったのですが、その後の生産でほぼ戦力を回復していました。
 公開勝利条件は20影響力消費で2VP。地球連邦はこれを達成していました。
 イクスチャはメカトールレックスを守りきって秘密勝利条件を達成、他に4色技術の勝利条件も達成します。
 マインドネットも技術ボーナス惑星6つ支配の秘密勝利条件と影響力10の勝利条件を達成しました。
 ハカンは影響力10の勝利条件を達成しています。

 と言うところで、時間切れ終了となりました。
 今回はマインドネットに辛いゲーム展開でした。ルールを間違えていて、戦争しても貿易はそのままでプレイしていたので、もしそのルールをちゃんと適用していたらもっと辛い展開になっていたように思えます。

 もじぴったんはクロスワードパズルをカードで行うゲームです。終了までの30分ほどでプレイされましたが、途中で時間切れでした。結構難しく、考え込むことが多かったためです。まぁ、面白くなくはないですが、あまりプレイしたいとも思わないなぁ。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2008-04-30 04:49 | トワイライトインペリウム

ゲームマーケットに出品

 ゲームマーケットにいつもの戦車狂想曲に加えて、いくつか出品します。
 MSG Wars,MS Wars,G Wars,戦艦狂騒曲,TITAN the Card Gameです。と言っても中古ですが。
 私のゲームデザインの特長として、「他人にプレイしてもらうのならばちゃんとしたものを」をモットーに、いつも最初の対戦からちゃんとしたカードを印刷していきます。そして、プレイの結果から手直しが必要だったりすると、全部印刷し直すこともよくあります。その他に印刷が多少失敗したりして印刷し直したりすることも多く、その結果、同じゲームを数セット作ることになることが多いのです。別に普通にプレイできる状態なので、捨てるにはもったいないとゲームマーケットに出品してみようと思った次第です。
 出品の経緯が経緯なので、結構お値打ちにしてあります。カードは全て裁断済みでカードスリーブに入れてあり、トレーディングカード用のプラスチックケースに収められて千円です。尤も、中古故にカードに書き込みをしていたりして新品同様の品質を求める人にはお勧めしませんが。
 わずか一週間前の告知となりましたがよろしく。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2008-04-20 02:14

2008年4月19日 TSS例会

 当日の参加者は11名。
 プレイされたゲームは、日露戦争(コマンド)、賤ヶ岳之合戦(GJ)、関ヶ原(同人)、ZAKU!(同人)、スコードリーダー(AH)等です。

 日露戦争がプレイされていました。
 明石大佐が大活躍で、8ターンの時点で、ストライキ2回に暴動1回を引き起こしていました。
 ウラジオストック艦隊も最初の出撃で捕捉されて全滅していたそうです。
 陸戦は日本軍がDRばかりでちっとも損害を与えられないと愚痴をこぼしていましたが、ロシア軍のミスを突いて遼陽周辺で大突破していました。

 賤ヶ岳之合戦はS山さんとN南さんがプレイしていました。
 N南勝家が勝利していたそうです。

 関ヶ原はT島さんとK全さんがプレイしていました。
 コマンド付録になったこともある戦術選択システムを使用したミニゲームです。ユニット数は20もないですね。
 戦闘だけではなく、武将の裏切りもじゃんけんで解決するシステムで、毛利勢が南宮山から桃配山を襲って、家康を討ち取って西軍が勝利していたそうです。
 その他にもじゃんけんシステムで長篠、川中島、山崎があり、デザイナーはあわせて、じゃんけんクワドリと呼んで悦に入っていました(笑)。

 スコードリーダーはD井さんがH澤さんを誘ってトラクター工場で戦っていました。

 ZAKU!をプレイしました。
 GMTのカード空戦ゲームのシステムを流用してガンダムのモビルスーツ戦に当てはめたゲームです。
 私はジオンをプレイしました。連邦はT井さんです。
 第1戦はザク対GMです。
 ジオンは角付きのS型を隊長機にF型の列機の組み合わせ、連邦はビームスプレーガン装備のGM2機です。
 このゲームのGMは一番バランスの取れた機体で、BSG装備が戦闘機、バズーカ装備は攻撃機扱いで、モビルスーツ戦にはBSG装備が適しています。対するザクはS型ならば、性能的にはほとんどGMと変わりません。ただし、耐久力が低く、撃たれ弱いのが弱点となっています。
 ゲーム展開は当初ジオンが優勢に進めましたが、やはり耐久力の低さが災いし、先に隊長機を失ってしまいます。それでもなんとか敵隊長機も撃墜し、五分の戦いに戻しますが、それから防御カードが全く引けなくなります。「まっすぐ突撃するだけ、曲がれねぇ」と悲鳴を上げながら、撃たれまくります。シールド防御が何度も決まって延命しますが、ザクがノーガードでは勝てるわけもなく、敗れ去りました。
 第2戦はドム対GMです。
 ドムは対艦攻撃機という設定で、対モビルスーツ戦闘力はあまり高くありません。耐久力はGMより高く、撃たれ強く、出力はGMより高くカード補充も多いのは良いのですが、運動性能が低く、手札上限はGMよりも1枚少ないです。そして致命的なのは、火力が低く、通常状態では射撃ができないことです。ザクより火力が低いのは不思議な感じですが、この火力は命中率を重視して設定されているそうです。代わりに命中したときにボーナスダメージがあるのですが、そのルールは忘れられていてこの対戦では適用されずじまいでした。
 GMはバズーカ装備でドムと同じ火力にしてくれました。
 この戦いは良い勝負でした。この日は全部で4戦しましたが、この戦いが一番白熱しました。
 第3戦はモビルアーマーを使ってみたかったのでビグロを投入しました。
 ビグロは出力はドム、運動性能はGM、火力はBSG装備のGMと同等で、非常にバランスの良い性能を持っています。これに加えて耐久力はモビルスーツの倍以上あり、特殊能力としてビグロの高速性能を表現すべく、全力噴射を毎ターン2回余分に使えると、極めて強力な機体です。欠点は前方射界で劣勢に陥ると攻撃できなくなることと、脚がないので、AMBAC機動がモビルスーツに比べて低いことです。尤もモビルアーマーは列機がないという極めて大きな欠点を抱えており、これぐらい性能が高くないとやっていられないと言うことはあります。
 連邦軍はガンダムを投入し、列機にGアーマーを選びます。
 この戦いはほんの数回の応酬で、ガンダムがビグロのビーム砲に撃ち抜かれ核融合炉が爆発して終わりました。Gアーマー1機でビグロに敵うはずがないので、そこで連邦が降伏しました。
 第4戦は第3戦があっさり終わったので、そのまま再戦です。連邦の列機がGアーマーからガンキャノンに変わりました。結果から言うと、ガンキャノンの列機はあまりにも強力でした。このゲームの列機はカードに記されている攻撃力分だけ余分にカードを引け、その中の射撃カードは全て使用できます。そしてザクやGMの列機は攻撃力2なのですが、ガンキャノンは3もあります。ビグロはガンキャノンからの攻撃でボーナスの全力噴射を使わされ、ガンダムの攻撃をその身に受けると言う展開となります。尤もビグロの耐久力は9とドムの倍以上あるので、楽観していたのですが、核融合炉直撃を出されて吹っ飛びました。

 面白いゲームでした。お勧めです。
 このゲームは列機が非常に強力で、編隊戦闘の優位を強く感じさせます。隊長機を囮に列機でスコアを稼ぐと言った戦い方が有効で、手札は回避カードばかりの方がうれしいぐらいでした。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2008-04-20 01:52 | ZAKU!

2008年4月13日 TSS例会

 当日の参加者は10名。
 プレイされたゲームは、東方紅、ベルリン戦(コマンド)、トワイライトインペリウム3版(FFG)等です。

 東方紅はH澤さんとT島さんがプレイしていたようです。もしかしたらマップを広げていただけかもしれません。詳細は不明です。

 ベルリン戦はコマンド付録の硫黄島システムのゲームで、T島独軍対H澤ソ連軍の対戦でした。ベルリン中枢部に砲撃を集中し、一直線にそこを目指したソ連軍がめでたく、ヒトラー総統を逮捕して勝利していたようです。

 私が11時過ぎに会場に着くと、有無を言わさずトワイライトインペリウムに引きずり込まれました。
 今回はT之内ナール、O鋸サーダックノール、Y口ハカン、風間ジョルナーの対戦です。
 セットアップは惑星数が均等になるようにタイルを分けて行われましたが、セットアップの配置制限により、ハカンが1惑星を少なくしか置けない失敗をしました。それでもハカンですから経済的な不利は感じていないようでした。
 それ以外は各種族大きな失敗はなくセットアップを行いました。特筆すべきはジョルナーがメカトールレックスに隣接するエリアに生産力3の惑星を含む2惑星タイルを配置したことでした。そこにPDS×4とスペースドックを建造することを企んでいました。しかし、これが後に戦争の火種となります。
 第1ターンは勢力拡張期です。通常なら、各種族は地道に周辺惑星を占領していくものなのですが、今回ハカンが冒険的な行動に出ます。第1ターンに戦争戦略を取った上で、技術開発で巡洋艦に搭載能力を付与して一気にメカトールレックスへ電撃侵攻したのです。ただし、これに合理的な理由はなく、ただやってみたかっただけとのことでした。
 ジョルナーは高速輸送船を建造し5惑星を占領しますが、占領最優先にしたため、輸送船と陸軍ばかりの歪な軍備となってしまっています。
 第2ターンも通常なら勢力拡張期で中立惑星の分割が終了するターンなのですが、ハカンがジョルナーに侵攻してそうはなりませんでした。
 まず、ハカンはジョルナー本星に隣接するワープホールに幽霊駆逐艦を出現させ、そのタイルの惑星占領を妨害します。戦闘の苦手なジョルナーはその駆逐艦を排除する戦力を捻出できず、結局最後まで生き残っていました。
 ジョルナーは前述したメカトールレックスに隣接する惑星にスペースドックを建造しますが、ターン最後の行動で、ハカンがそこに侵攻、戦艦を含む4隻の艦隊と5個陸軍でジョルナーの輸送船、戦闘機各1と陸軍2を撃破し、スペースドックを破壊します。
 第3ターン、ジョルナーが反撃に出ます。
 ハカンはこのターンのスピーカーでした。大量に消費したコマンドを補充すべくイニシアティブ戦略を取ろうとするのをジョルナーはアクションカードで阻止します。これはハカン下家のジョルナーが取ります。ハカンは代わりに技術開発戦略を取りますが、すかさずジョルナーは科学者暗殺カードを使用し、このターンの技術開発を許しません。
 第2ターンにワーサンの開発を可能としていたジョルナーはこのターンの生産戦略の副能力でワーサンを建造し、戦闘機を満載してハカンの侵攻艦隊へ逆襲します。ハカン駆逐艦の対空射撃で戦闘機1を失いますが、損害はそれだけで、ワーサンの砲撃は全て命中、戦闘機の攻撃も1発命中し、随伴していた輸送船の一撃が決まってハカン艦隊は全滅します。しかし、そこで、ハカンがアクションカードで賽の目の振り直しを要求し、辛うじて傷ついた戦艦1隻が戦域を離脱していきます。
 ハカンの陸軍はワーサンの爆撃により壊滅し、ジョルナーは対ハカン戦で勝利を得たのでした。とは言えジョルナーとハカンが戦争を続けるのはどう考えても不毛なので、そこで手打ちにすることとしました。
 その間、サーダックノールとナールは睨み合いを続けていただけでした。
 第4ターンにナールがメカトールレックスに侵攻します。ハカンは既に守る気もなく、陸軍が1個置いてあるだけでした。そのため、メカトールレックスを守る戦力は実はサーダックノールとジョルナーのディープスペースキャノンだったりします。しかし、ジョルナーはハカンのために指一本動かす気にはならないので、砲撃をせず、サーダックノールの砲撃は2発ともはずれました。尤も、ディープスペースキャノンを異様に恐れていたナールは損害を見込んでスタックオーバーの艦隊を送り込んだため駆逐艦1隻が補給切れで除去されていました。
 というところで、時間切れ終了です。
 今回は誰も秘密勝利条件を達成していませんでした。ただ、ハカンは一番達成が容易なスペースドックと戦艦を造りきった上でメカトールレックスを占領すれば良い勝利条件だったので、真面目にプレイすれば達成できていたでしょう。ナールは他のプレイヤーの本星占領なので、達成はほぼ不可能でした。ジョルナーはメカトールレックスにスペースドックと戦艦4隻を配置しなければならず、これも難しい勝利条件でした。サーダックノールは何だっけ?

 ジョルナーはプレイして楽しい種族でした。ワーサンの建造も簡単にできたし、いくらでも技術開発できるのはいいですね。戦闘に弱いのもワーサンがあればまるで問題になりませんでした。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2008-04-14 01:21 | トワイライトインペリウム

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE