<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

2007年10月27日 TSS例会

 当日の参加者は14名。県外からの参加者が5名いました。
 プレイされたゲームは、秘宝の郷(タクテクス)、シンガポール陥落(コマンド)、アサルト(GDW)、ベルリン総進撃(コマンド)、IVアゲインストローマ、ロンメルアフリカ軍団(翔企画)等です。

 秘宝の郷は先週プレイされたゲームをT島さんが改良してきたそうです。
 午前中にY口さん、D井さん、H沢さんでプレイされたようですが、不評だったようです。それでもめげずにT島さんは更なる改良を目論んでいるようです。

 アサルトは秘宝の郷を終えたY口さんとT島さんがプレイしていました。

 ベルリン総進撃はK全さん、Kさん、N川さんがプレイしていました。

 ロンメルアフリカ軍団はHさんとMねさんのプレイでした。
 消耗戦を繰り広げて最終ターンまで両軍ぼろぼろになりながら戦っていたようです。

 IVアゲインストローマ(だったと思う)はK藤2号さんとN南さんがオーソドックスな第2次ポエニ戦争シナリオをプレイしていました。
 ハンニバルが山道は疲れるとローマ街道を通って南伊に向かっていました。その途中でローマを観光していたようです。

 シンガポール陥落をプレイしました。
 先週と同じく、H沢さんとです。ただし、陣営は入れ替わって、私が英軍をプレイしました。
 英軍の方針としては、特に考えて無く、ただ前回のプレイ経験から、以下のような考えでプレイを行いました。
・第1線は足止めだけが目的なので、包囲されても構わない。どうせスタックしていないユニットでは正面攻撃で消える。
・第2線は第1線と1ヘクス以上間を開ける。強行軍で攻撃をされないように。
・第2線はできるだけスタックで守り、蹂躙攻撃に備える。
 以上は、概ね妥当だとは思うのですが、陣地構築に関しての考えが甘く、今回のプレイでは陣地をあまり有効に活用できませんでした。尤も、後方で陣地構築を行うと、第2線を厚く守ることができなくなるので、難しいところです。

 英軍はセットアップでコタバルの陣地に2ユニットを籠もらせ、1ユニットを真
南のヘクスに配置しました。コタバルの包囲を遅らせるためです。ジットララインの方は真北のヘクスに1ユニットを配置してジットラの陣地への攻撃を防ぎます。

 第1ターンの日本軍はコタバルへの上陸を諦め、鉄道でコタバルへ向かいます。
 後方守備の1ユニットの効果でこのターンに包囲に持ち込むことはできませんでした。
 ジットララインは前衛部隊は瞬殺されましたが、強行軍での攻撃でジットラは陥落したかどうかは覚えていません。ジットラは戦車を使用すれば落とせるのですが、戦車の消耗を嫌って使わなかったような気もします。
 いずれにせよ、第2ターンの英軍の防衛ラインはジットラとクローの間でした。ジャングルにZOCが及ばないので2ユニットをジャングルに送り込んで戦線を張りました。コタバルには1ユニットだけを残し、残り2ユニットは東海岸に沿って後退します。今考えると、これは失敗でした。鉄道沿いの南方向へ後退すべきでした。また、クヮンタンから1ユニットを北上させたのですが、これも失敗で、結局、次のターンにはクヮンタンへ戻りました。
 最後方の4カ所では陣地の構築を開始しました。しかし、これも失敗でした。特にEndauに作った陣地は意味がなかったですね。セットアップ兵力はどんどん前線に出して、陣地構築は防衛ラインを想定したヘクスで行うべきでした。
 日本軍はコタバル方面へ2個連隊を投入しただけで、残りは全て西海岸へ向けます。コタバル方面では、コタバルばかりでなく、コタバルから逃れた部隊も補給切れとしています。これらの部隊は第3ターンは持ちこたえましたが、第4ターンには降伏してしまいました。
 第3ターンに英軍に大きなミスが出ます。クローを基点に第1線を張ったのですが、ジャングルにZOCが及ばないのを見逃していて、第2線も攻撃されてしまったのです。そのため、第2線の抵抗拠点としていたバターワースが包囲され、予定より4ユニット多く失ってしまいます。
 コタバル方面に日本軍は更に1個連隊を送り、東海岸沿いに1個連隊、コタバル包囲に1個連隊(分遣隊抽出済み)、中央鉄道沿いに1個連隊+1個分遣隊とします。
 英軍は最後まで、最終防衛戦のような徹底抗戦のラインを設けることなく、ひたすら足止め部隊を前線に並べる逐次投入作戦を行いました。その結果、バターワースの陥落は5ターン。第6ターンにはジョージタウンが陥落し、日本軍の舟艇機動が可能となります。
 東海岸ではクヮンタンが第6ターンに陥落しますが、そのために使用した2個連隊はそれ以降の戦いには参加できませんでした。
 最終的に日本軍はバハウに到達しました。これを陥落させたかどうかは覚えていません。
 残存した英軍は10戦力ほどでした。
 日本軍の被害は50戦力近くあり、英軍が遅滞戦に徹したこともあって拠点得点が合計で70点ほどあったため、英軍の勝利得点は129点と辛うじて英軍の勝利となりました。
 日本軍はかなり自軍の損害を減らすことに気を遣っていたため、進撃が遅かったのが敗因でしょうか?英軍に勝因を見いだすことはできませんので。我ながら、かなりまずい戦いをしたなぁと思っていたので、勝ったのは意外でした。

 今回のプレイでルールの不明点がいくつか出てきました。
・補給切れの場合、陣地戦力は半減するのか?
 今回のプレイでは、陣地はユニットではないという理由で半減しないとしました。
・Melintangの大発マークは町のヘクスなのか、印刷通り0522ヘクスなのか?
 印刷通りのヘクスとしてプレイしました。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2007-10-28 17:39 | シンガポール陥落

2007年10月21日 TSS例会

 当日の参加者は12名。静岡や岡山の遠方からの参加者がありました。
 プレイされたゲームは、シンガポール陥落(コマンド)、秘宝の郷(HJ)、Across the Dnepr(コマンド)等です。

 シンガポール陥落はコマンド最新号の付録です。
 H沢さんとプレイしました。私が日本軍です。
 セットアップでコタバルにフルスタックが籠もったため、上陸作戦を中止し、陸路から包囲することにしました。そのため、コタバル占領は第4ターンになりました。
 進撃路は3本のため、東に鉄道移動で1個連隊、中央に1個連隊を自力で移動させ、残りは全てジットララインへの攻撃へ向かわせます。
 ジットラ北方の1個大隊を撃滅し、強行軍でジットラを占領します。
 英軍は前進防御を選択し、前線に次々に部隊を投入して日本軍の進撃を許しません。ジョージタウンの占領が第4ターンで舟艇機動が可能となったのは、第5ターンからでした。
 日本軍としては、強行軍を多用し、ほとんど損害を度外視して攻撃していたのに、これですので、何か間違っているように思いました。いや、まぁ確かに間違っていたのです。英軍の戦い方が。
 第5ターン終了時に英軍のセットアップ戦力は全滅状態となり、日本軍の第6ターンの進撃を遮るものが皆無となったため、英軍の投了となりました。

 なかなか良いゲームでした。ターン数も短く、駒数も少ないので、非常にプレイしやすいですし、いろいろ作戦を立てる余地がありそうです。だけど、これって、フルサイズゲームのような顔をしていますが、ヘクスは大きいし、駒数も少ないし、本質的にはハーフサイズゲームですね。
 このゲーム、マップに欠陥が一つあります。戦闘結果表が2つあるのですが、プレイヤーの近い方の戦闘結果表が逆さまになっていて非常に見づらいのです。
 
 プレイしてなんだか、エポックの朝鮮戦争を思い出しました。地形が半島だし、中央に山があるし、山にZOCが及ばなくてかえって守りにくいこととか、北から強力な部隊がひたすら南下して南端に達するとサドンデス勝利とか、共通点が多いです。違いは空軍がないことかな。

 秘宝の郷は昔のタクテクスのRPG号の方の付録となっていたゲームです。埋蔵金を探すマルチゲームです。
 ゲームを持ってきたT島さんがマスターとなって、T之内さん、E藤さん、O鋸さん、T井さん、Hさん、S藤店長がプレイしていました。
 マップ上を移動しながら、チットを引くゲームで、洞窟や神社などの拠点で探索して、埋蔵金の手がかりを得るゲームです。
 推理ゲームのクルーとかと似ているそうです。どちらかというとファミリーゲーム寄りのゲームのようです。
 ゲームはS藤店長が見事埋蔵金を見つけて勝利していました。
 プレイ中、「温泉とかもあるし、埋蔵金を巡って殺人事件が起これば、火曜サスペンス劇場とかのゲームになるね」とか話していました。

 Across the DneprはH沢さんとK藤2号さんがプレイしていました。

 その他に、コマンドのラブノブ会用ゲームやT島さんの構想25年の独ソ戦ゲームとかがプレイされていました。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2007-10-21 17:46 | シンガポール陥落

2007年10月7日TSGC例会

2007年10月7日 TSGC例会

 当日の参加者は7名。
 プレイされたゲームは、東海男爵(同人)、プエルトリコ(アレア)、共和制ローマ(AH)、三国志バトルライン(同人)等です。

 東海男爵はN浜さんデザインの鉄道ゲームです。
 東京男爵の東海版です。
 私は初プレイでした。
 最初の目的地が果てしなく遠く、最初の目的地に着いたときにはすでにどうしようもない状況でした。目的地に着いたときにしか収入や購入がないので、近場で細目に稼ぎたいところですが、賽の目で全てが決まるので運任せのゲームです。
 その後も出目に恵まれず、最下位をにずっと低迷しました。
 勝ったのは、N浜さんでした。デザイナーの陰謀だとみなに言われていました(笑)。

 共和制ローマを久しぶりにプレイしました。
 初期シナリオで、大抵はローマが滅んで終わるゲームなのですが、今回は切り抜けました。その要因はいくつかあるのですが、やはり最大の要因は敵のリーダーが戦争に出陣することなく次々に死んでいったことですね。ハンニバルもフィリップ5世も戦うことなく、闇に消えていったのでした。それと、フォーラムフェイズで7が一杯出たことです。おかげで戦争カードがあまり引かれることなく、戦争が4つ並ぶことはありませんでした。
 それでも、マケドニア戦争が第1,第2とタッグを組んだ時には危なかったのですが、幸いそのときに運良く、マケドニア戦を戦うための将軍が出てきていたので、彼に大軍を預けて一撃でマケドニア戦役を終了させることができたのが大きかったです。その後はローマは安泰となりました。
 その結果、私が終身執政官となって勝利しました。
 終身執政官就任の動議を出した時には、暗殺されかけたのですが、ボディガードカードに救われたのでした。
 勝因は金です。利権のカードが山のように来てとても楽しくプレイすることができました。

 三国志バトルラインはバトルラインの戦術カードを三国志風に味付けしたゲームです。
 ただ、プレイヤーは魏呉蜀のどれかの陣営となるのですが、陣営の違う武将(戦術カード)は使用できないと言うルールがあり、私は最初の2枚の戦術カードは使えないカードでした。
 それだけでなく、普通の数字カードの引きも悪く、どうしても役が揃いません。相手の役に必要なカードを引いて妨害ができればまだしもだったのですが、それも引けず、為す術がありませんでした。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2007-10-07 17:04 | 対戦記録

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE