カテゴリ:ZAKU!( 1 )

 

2008年4月19日 TSS例会

 当日の参加者は11名。
 プレイされたゲームは、日露戦争(コマンド)、賤ヶ岳之合戦(GJ)、関ヶ原(同人)、ZAKU!(同人)、スコードリーダー(AH)等です。

 日露戦争がプレイされていました。
 明石大佐が大活躍で、8ターンの時点で、ストライキ2回に暴動1回を引き起こしていました。
 ウラジオストック艦隊も最初の出撃で捕捉されて全滅していたそうです。
 陸戦は日本軍がDRばかりでちっとも損害を与えられないと愚痴をこぼしていましたが、ロシア軍のミスを突いて遼陽周辺で大突破していました。

 賤ヶ岳之合戦はS山さんとN南さんがプレイしていました。
 N南勝家が勝利していたそうです。

 関ヶ原はT島さんとK全さんがプレイしていました。
 コマンド付録になったこともある戦術選択システムを使用したミニゲームです。ユニット数は20もないですね。
 戦闘だけではなく、武将の裏切りもじゃんけんで解決するシステムで、毛利勢が南宮山から桃配山を襲って、家康を討ち取って西軍が勝利していたそうです。
 その他にもじゃんけんシステムで長篠、川中島、山崎があり、デザイナーはあわせて、じゃんけんクワドリと呼んで悦に入っていました(笑)。

 スコードリーダーはD井さんがH澤さんを誘ってトラクター工場で戦っていました。

 ZAKU!をプレイしました。
 GMTのカード空戦ゲームのシステムを流用してガンダムのモビルスーツ戦に当てはめたゲームです。
 私はジオンをプレイしました。連邦はT井さんです。
 第1戦はザク対GMです。
 ジオンは角付きのS型を隊長機にF型の列機の組み合わせ、連邦はビームスプレーガン装備のGM2機です。
 このゲームのGMは一番バランスの取れた機体で、BSG装備が戦闘機、バズーカ装備は攻撃機扱いで、モビルスーツ戦にはBSG装備が適しています。対するザクはS型ならば、性能的にはほとんどGMと変わりません。ただし、耐久力が低く、撃たれ弱いのが弱点となっています。
 ゲーム展開は当初ジオンが優勢に進めましたが、やはり耐久力の低さが災いし、先に隊長機を失ってしまいます。それでもなんとか敵隊長機も撃墜し、五分の戦いに戻しますが、それから防御カードが全く引けなくなります。「まっすぐ突撃するだけ、曲がれねぇ」と悲鳴を上げながら、撃たれまくります。シールド防御が何度も決まって延命しますが、ザクがノーガードでは勝てるわけもなく、敗れ去りました。
 第2戦はドム対GMです。
 ドムは対艦攻撃機という設定で、対モビルスーツ戦闘力はあまり高くありません。耐久力はGMより高く、撃たれ強く、出力はGMより高くカード補充も多いのは良いのですが、運動性能が低く、手札上限はGMよりも1枚少ないです。そして致命的なのは、火力が低く、通常状態では射撃ができないことです。ザクより火力が低いのは不思議な感じですが、この火力は命中率を重視して設定されているそうです。代わりに命中したときにボーナスダメージがあるのですが、そのルールは忘れられていてこの対戦では適用されずじまいでした。
 GMはバズーカ装備でドムと同じ火力にしてくれました。
 この戦いは良い勝負でした。この日は全部で4戦しましたが、この戦いが一番白熱しました。
 第3戦はモビルアーマーを使ってみたかったのでビグロを投入しました。
 ビグロは出力はドム、運動性能はGM、火力はBSG装備のGMと同等で、非常にバランスの良い性能を持っています。これに加えて耐久力はモビルスーツの倍以上あり、特殊能力としてビグロの高速性能を表現すべく、全力噴射を毎ターン2回余分に使えると、極めて強力な機体です。欠点は前方射界で劣勢に陥ると攻撃できなくなることと、脚がないので、AMBAC機動がモビルスーツに比べて低いことです。尤もモビルアーマーは列機がないという極めて大きな欠点を抱えており、これぐらい性能が高くないとやっていられないと言うことはあります。
 連邦軍はガンダムを投入し、列機にGアーマーを選びます。
 この戦いはほんの数回の応酬で、ガンダムがビグロのビーム砲に撃ち抜かれ核融合炉が爆発して終わりました。Gアーマー1機でビグロに敵うはずがないので、そこで連邦が降伏しました。
 第4戦は第3戦があっさり終わったので、そのまま再戦です。連邦の列機がGアーマーからガンキャノンに変わりました。結果から言うと、ガンキャノンの列機はあまりにも強力でした。このゲームの列機はカードに記されている攻撃力分だけ余分にカードを引け、その中の射撃カードは全て使用できます。そしてザクやGMの列機は攻撃力2なのですが、ガンキャノンは3もあります。ビグロはガンキャノンからの攻撃でボーナスの全力噴射を使わされ、ガンダムの攻撃をその身に受けると言う展開となります。尤もビグロの耐久力は9とドムの倍以上あるので、楽観していたのですが、核融合炉直撃を出されて吹っ飛びました。

 面白いゲームでした。お勧めです。
 このゲームは列機が非常に強力で、編隊戦闘の優位を強く感じさせます。隊長機を囮に列機でスコアを稼ぐと言った戦い方が有効で、手札は回避カードばかりの方がうれしいぐらいでした。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2008-04-20 01:52 | ZAKU!

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE