カテゴリ:D-DAY 史上最大の作戦( 1 )

 

2009年6月6日 TSS例会

 当日の参加者は、12名。
 プレイされたゲームは、史上最大の作戦(サンセット)、文禄朝鮮の役(GJ)、コンバットコマンダー(GMT)、本間征伐(同人)、ギリシャ戦ミニゲーム(同人)、ドイツ南方軍集団(サンセット)等。

 文禄朝鮮の役は秀吉の唐入りがテーマのGJ新作。
 M崎さんとT島さんがプレイしていた。M崎日本軍がサドンデス勝利を収めていた。
 その後再戦し、最終ターンにソウル決戦が戦われていたようだ。

 コンバットコマンダーはいつものようにN南さんとK藤2号さんがプレイしていた。

 本間征伐は戦国群雄伝システムの同人ゲームで、佐渡島での戦い。
 N南さんとK藤2号さんがプレイしていた。

 ギリシャ戦ミニゲームは、K藤2号さんデザインの作戦級ゲーム。
 イタリアのギリシャ侵攻からスタートするゲーム。イタリア軍はギリシャ軍に押しまくられて、ドイツ軍の援軍頼みのようだった。

 ドイツ南方軍集団はキエフ戦をK全さんとHさんがプレイしていた。

 私は史上最大の作戦をプレイした。
 U京、T内独軍対、K英軍、風間米軍での4人プレイだ。
第1ターン
 空挺降下は英軍は完璧に決まり失敗は全くなかった。米軍はそれほど幸運でもなく、いきなりカランタン上空に迷い込んで一発除去を喰らった。更に2個連隊の降下は失敗し、ヘクス2514の水浸しの半島の先っぽに1個連隊がへばりつき、1個連隊は91師団の真上に落ちて消耗してしまった。
 艦砲射撃は特に失敗もなく、絨毯爆撃は英軍を支援するため、ゴールドビーチ後方の海岸要塞を吹き飛ばした。
 事前砲爆撃が快調だったため上陸は順調で、連合軍に損害はなかった。
第2ターン
 天気は晴天、ヤーボ日和となった。
 連合軍空軍の交通妨害が猛威を振るい独軍の援軍は足止めを余儀なくされた。
 英空挺第6師団は第12SS師団と第21装甲師団、重戦車大隊の集中攻撃を受けて1ステップのみに打ち減らされ、ほぼ壊滅した。その過程で1個装甲大隊に損害を与えただけだ。
 連合軍ターンでは英軍は力ずくで前線の3個歩兵連隊を撃滅。米軍も独軍の配置ミスを突いて突破攻撃を多用して3個連隊、3個高射砲大隊を撃滅した。
 英軍は防御態勢に入り、陣地に籠もった。
 米軍は更に戦果を拡大すべく、第2機甲師団を先頭に第1SSのパンテル中隊を攻撃した。突破攻撃を宣言し、成功すれば装甲教導師団を丸ごと包囲できる攻撃だ。当然死守命令が発令されたが、そのために後退できず、損害を与えることに成功した。また、コタンタン半島の分断にも成功し、シェルブールへ向けて敗走した1個連隊を戦車大隊で包囲殲滅した。
第3ターン
 英軍の守りが固いのを見た独軍は米軍攻撃へと日和見を決め込んだ。装甲教導師団と第12SS装甲師団の攻撃により第2機甲師団が全滅の大損害を出してしまった。
 やられたらやりかえす、米軍は第17SS装甲擲弾兵師団を42火力で攻撃し、最後の1ステップがレベルEで敗走する大損害を与えた。あと1打撃で全滅だったのに残念だ。
 コタンタン半島では、2個連隊をレベルEで敗走させて高地を占領した。
第4ターン
 独軍は次の嵐のターンでの反攻を見越して装甲師団の再編成を行うべく、戦線整理を行った。そのため、攻撃はなしだ。
 サンロー方面では、遂にカランタンを放棄していたが、未練がましく2個連隊で補給線の妨害を行っている。
 このターンは独軍が攻撃を控えたため大量のFBが余り、陣地構築妨害が実に8ヘクスに使用された。両軍共陣地構築の嵐で陣地マーカーが足りないくらいだった。カーン方面の独軍は艦砲射撃の射程外ぎりぎりぐらいに川に沿って強化陣地の戦線を築き、装甲部隊を分散して守備につけていた。英軍方面はそんななので、両軍ハリネズミのような陣地に籠もって睨み合いを呈していた。
 英軍の攻撃は前線に出ていた第12SS装甲師団の1個連隊を叩いて撃退したのみ。
 米軍は独軍の配置ミスを突いて、突破攻撃をまたも成功させ、3個連隊を撃滅し、オマハーユタ間の連絡線を打通した。
 最後は嵐に備えて守りを固めた。

 私はここで、タイムアップとなり、後事をT之内さんに託して帰宅した。

 4人プレイの米軍は一番気楽な担当で、楽をできると思っていたのに、独軍が弱腰で英軍のハリネズミ陣に恐れをなして、オマハ方面で攻勢に出てきたのには参った。まぁ、今回増援を全てオマハに揚げていたのが功を奏して、それでも攻勢を継続できたけど。しかし、独軍が本気で攻撃に出ていたらやばかったかも。攻撃優先であまりしっかりと防御を行っていなかったので。
 ユタ方面に揚げた増援は戦車大隊2個のみで後は歩兵補充を毎ターン2個ずつ揚げただけだ。それでも十分に攻勢を取れた。まぁ、シェルブール要塞の攻略を全く行わなかったからではある。それ用に1個師団は揚げておいても良かったかも知れない。
 しかし、四半世紀以上前のゲームながら、今プレイしても面白い傑作だねぇ。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2009-06-07 02:33 | D-DAY 史上最大の作戦

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE