2008年10月19日 TSS例会

 当日の参加者は12名。
 プレイされたゲームは、エチオピアのライオン(コマンド)、ラグナロック作戦(ツクダ)、銀河連合(同人)、MSG Wars(同人)等です。

 エチオピアのライオンはK全さんとT島さんのプレイでした。

 ラグナロック作戦はK藤2号さん作成のシナリオプレイです。
 最初に同盟降伏後にヤンがイゼルローン回廊に籠もった状況のシナリオがプレイされました。これは、どうやってもイゼルローン要塞を陥落させることが不可能だそうで、それが判明した時点でお開きになりました。
 もう一つ、ロイエンタールの反乱シナリオがプレイされました。どちらも相手はN南さんです。
 ロイエンタールの反乱シナリオは観戦していました。
 K藤2号指揮する帝国軍はミッターマイヤー元帥を先頭にハイネセンを目指します。他に、ビッテンフェルト、ワーレンの両艦隊がありましたが、ワーレン艦隊は強行軍を繰り返すミッターマイヤー艦隊に追従することができず遅れ気味の進撃となります。
 帝国軍には他にイゼルローン回廊方面から進発したメックリンガー艦隊があります。
 ロイエンタール艦隊はベルゲングリューンを別働隊の指揮官としてハイネセンを進発し、ミッターマイヤー迎撃に向かいます。
 シナリオとして帝国軍には時間制限が、ロイエンタールにはハイネセンに隣接されるだけで敗北という制限が課されているため、必然的に正面からの決戦となります。
 帝国軍はワーレン艦隊を欠いているため、数的に若干劣勢でした。また、ロイエンタールの指揮能力がミッターマイヤーよりも若干優秀なこともあって、ロイエンタール艦隊の方が有利と思われましたが、戦術選択の妙や、ダイスの目もあって、互角の戦いが繰り広げられました。そして、ワーレン艦隊が戦場に到着します。それを受けて帝国艦隊は攻勢に出ます。ビッテンフェルト艦隊が突撃します。しかし、ロイエンタールは冷静に突出したビッテンフェルト艦隊の側面を突き、これを殲滅してしまいます。1個艦隊を失ったミッターマイヤーはすかさず撤退し、カイザーに増援を請うのでした。
 しかし、そのとき、別働隊のメックリンガー艦隊がハイネセン近傍まで迫っていたのです。急遽反転し、ハイネセンに急ぐロイエンタールでしたが、メックリンガー艦隊の方が先にハイネセンに到着し、帝国軍の勝利に終わりました。
 コマ数が少なくて(両軍合わせて7個しか盤上にない)、それでいて、艦隊戦がそれなりに楽しめる、なかなか面白いシナリオではないでしょうか。

 銀河連合を4人でプレイしました。
 H男爵、O鋸ムアート、S藤サーダックノール、風間イサリルでのプレイです。
 男爵はコストを支払うと戦闘のダイス目に修正を得ることができる種族能力を備えた軍事系種族。ムアートは超兵器を有する軍事系種族、サーダックノールは軍事力増強に優位のある軍事系種族、イサリルは生産能力が高い非軍事系の種族です。
 男爵は第1ターンの最初にいきなり外交戦略を取り、軍事系種族で戦争が種族勝利条件にもかかわらず、全種族と同盟を締結します。続く、ムアートは軍事戦略を取って、イサリルに宣戦布告しますが、イサリルは無視します。サーダックノールは開発戦略を取って、ブラックホール発電を実用化します。
 その後、イサリルも、全種族と同盟を締結します。
 それを待っていたかのように、サーダックノールとムアートで戦端が開かれ、どちらも同盟種族であるため、参戦義務が果たせない男爵とイサリルは違約金の支払いに苦しむのでした。戦い自体は、サーダックノール優位ではありましたが、超兵器を有するムアートはそれほど遜色のない戦力ではありました。しかし、腐った賽の目でまるで相手にならず、連敗を喫して戦力を半減していました。
 技術的に銀河をリードしていたのは、イサリルでした。軍事技術に特化した技術開発で、技術的には、銀河最強の性能を誇る艦隊となっていました。尤も、全ての種族と同盟を締結していたので、戦争することはなく、宝の持ち腐れでしたが。
 勝利条件的には、種族勝利条件の達成が容易なイサリルが先行し、VP3に達します。しかし、達成しやすい勝利条件カードを多数引いたサーダックノールが逆転、VPを4とし、勝利に王手をかけます。負けじと男爵も帝都支配、技術大国、威信VPで3VPを得て急追します。
 VPで逆転されたイサリルは、銀河連合総会を我がものとしていたムアートの強力を得て、サーダックノールに対する経済制裁を発動するのでした。しかし、その甲斐もなくサーダックノールは更に2VPを加えるのでした。イサリルもVP5を達成したのですが、サーダックノールは6VPとなっており、追いつけませんでした。軍事力でも最強のサーダックノールですので、反逆もできずに勝利を確定しました。

 MSG Warsは午後になって、S藤さんの「あまり、考えなくていいゲームがしたい」とのリクエストでプレイされました。
 プレイヤーは銀河連合と同じです。
 展開はいつものように序盤突出した私が袋だたきにあって、皆が追いつき、最後の戦いで、勝利条件の100点を突破しましたが、S藤さんが2点私を上回っていて負けてしまいました。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2008-10-19 19:00 | 銀河連合

<< 2008年10月25日 TSS例会 2008年10月11日 TSS例会 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE