2008年9月27日 TSS例会

 当日の参加者は、11名。
 プレイされたゲームは、モスクワ攻防戦(6A)、1941(コマンド)、関ヶ原(サンセット)、朝鮮戦争(サンセット)、スモレンスク攻防戦(コマンド)、長元記(同人)、日清戦争(GJ)等です。

 スモレンスク攻防戦をプレイしました。
 私が独軍、S岩さんがソ連軍です。S岩さんは初プレイです。

第1ターン
 ソ連軍の増援はクリチェフ方面に2個師団、ロスラウリ方面に2個師団、東方から4個師団です。
 いつものように独軍はひたすら東進。南方になど目もくれません。
 スモレンスクを占領し、ソ連軍を攻撃。が、ソ連軍の奮戦に撃退されてしまいます。
 ソ連軍はクリチェフ方面は川を越えて展開、ロスラウリ方面は道沿いに北上します。
 東方からの増援は全力で西へ進み、スモレンスク方面はスモレンスクの守備に就きます。

第2ターン
 ソ連軍の増援は、クリチェフと東方に2個師団ずつ。
 独軍は増援の全てを南下させてクリチェフ方面で攻勢に出ます。1個師団を撃退し、1個師団を包囲殲滅します。
 スモレンスク方面はスモレンスクへの直接攻撃は避け、その両翼を突破して、巣スモレンスクを包囲します。
 ソ連軍はクリチェフ方面は川沿いに戦線を構築します。
 ロスラウリから北上中の2個師団は引き続き北上を続けます。
 スモレンスク方面は独第3装甲集団に対処できないため、東西に戦線を分けます。東の戦線はヤルツェボの川沿いです。

第3ターン
 ソ連軍の増援は、東方から2個師団。
 独軍はクリチェフ方面から主力を引き抜いてイェルニヤ方面へ向かわせます。残置した3ユニットで1個師団を撃滅し、チェリコフを守ります。
 スモレンスク方面では3個師団を包囲殲滅します。ただしそのうちの1個師団はEXによるものです。他に3対1攻撃を行い、戦闘後前進で1個師団を包囲するはずでしたが、1を出して失敗しました。
 ソ連軍はクリチェフ方面は東方に戦線を広げ、ロスラウリから北上していた部隊はイェルニヤ方面へ移動します。
 北方では守りを固めます。

第4ターン
 ソ連軍の増援は、イェルニヤに4個師団。
 独軍はクリチェフ方面で2個師団を包囲殲滅し、クリチェフに迫ります。
 ロスラウリを占領し、その方面からイェルニヤに向かっていた部隊を攻撃しますが、ことごとく撃退されてしまいます。
 北方では、渡河攻撃を試みますが、ことごとく1を出して撃退されます。
 この方面の唯一の戦果は逃げ遅れた1個師団を撃滅したことだけでした。
 ソ連軍はクリチェフを放棄します。
 イェルニヤ方面には6個師団が迫り、独軍を威圧します。
 北方は戦線を整理し、川のラインを死守する構えです。

第5ターン
 ソ連軍の増援は、クリチェフ方面に2個師団、イェルニヤ方面に4個師団、東方に2個師団です。
 独軍はクリチェフ方面で攻勢を続け2個師団を撃滅します。
 イェルニヤ方面は戦線に収容しきれなかった1個師団を包囲撃滅します。
 北方は西側は防御態勢に移り、主力は東へ向かいます。しかし、渡河を目論む攻撃はことごとく1の目を出して失敗。2ユニットが失われます。
 ソ連軍はクリチェフ方面は守備を固めます。
 イェルニヤ方面は物量で独軍を圧倒しつつあります。
 東方の戦線は第6ターンの第3装甲集団の増援を鑑みて、ついに川のラインを捨てて後退します。ヤルツェボも放棄します。
 イェルニヤ方面とヤルツェボ方面の戦線が連絡します。
 スモレンスク方面で初めてソ連軍が反撃を行い、独軍2ユニットを撃退します。

第6ターン
 ソ連軍最後の増援は、東方から2個師団。
 独軍はクリチェフ方面のソ連軍1個師団を撃滅、1個師団を撃退し、2個師団を包囲し、事実上この方面のソ連軍の無力化に成功します。
 イェルニヤ方面はソ連の大軍に恐れをなして後退、守りに入ります。
 東方では川を捨てたソ連軍を追撃し、2個師団を包囲撃滅する戦果を挙げます。
 スモレンスク方面は戦線を繕いつつ、ソ連軍の側面を攻撃し、1個師団を包囲撃滅します。
 崩壊したクリチェフ戦線からソ連軍1個師団が脱出し、キスラヴィッチ近郊へと向かいます。
 イェルニヤ方面では、ソ連軍が独軍戦車大隊を包囲に成功します。しかし、この千載一遇のチャンスをソ連軍は生かせず撃退されます。
 イェルニヤ、ドロゴブーシィは守りきるに十分な防御縦深を確保します。
 スモレンスク方面ではスモレンスクへ向かって前進します。

第7ターン
 クリチェフ方面の残敵は最小限の部隊で、包囲拘束し、主力は脱出したソ連師団を追います。
 イェルニヤ方面では先の包囲攻撃に失敗した2個師団を逆に包囲殲滅して戦線を安定させます。
 東方、ドロゴブーシィを目指した攻撃は全て失敗します。
 スモレンスク方面は3個師団を包囲殲滅し、この方面のソ連軍残存戦力は10戦力に満たなくなり、無力化されます。
 キスラヴィッチに向かったソ連軍師団は今度はロスラウリへ向かいます。
 東方では戦線を進め、イェルニヤ、ドロゴブーシィの安全を確保します。

第8ターン
 独軍の攻撃はロスラウリに向かったさまよえるロシア人に引導を渡しただけで、他の戦線では防御を固めて勝利を確定しました。

 独軍VP3、ソ連軍VP0で独軍の勝利でした。
 S岩さんは初プレイということで、独軍の移動力を読み切れずにいたようです。
 しかし、今日は1のさいの目をよく見たような気がしたなぁ。1の目が2回連続というのが何回かあったしなぁ。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2008-09-27 20:53 | 対戦記録 スモレンスク攻防戦

<< 2008年10月5日 TSGC例会 2008年9月20日TSS例会 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE