2008年7月13日 TSS例会

 当日の参加者は12名。
 プレイされたゲームはTigers are burning(コマンド)、銀河連合(同人)、ハリコフ攻防戦(エポック)、ヨーロッパ要塞(AH)、ロビンフッド(AH)、元禄忍法帳(バンダイ)等です。

 Tigers are burningはH澤ソ連軍とK藤2号独軍のプレイでした。

 ハリコフ攻防戦はT内独軍とY口ソ連軍のプレイでした。
 初プレイのT内さんがダイス目も悪く3ターンで再プレイとなっていました。

 ヨーロッパ要塞はT之内独軍とK全連合軍でプレイされていました。
 日曜例会での午後からのプレイ開始でしたので、数ターンのお試しプレイでした。

 ロビンフッドはT島さんのお気に入りです。
 T島さん、S藤さん、D井さんの3人プレイです。
 当初T島さんが悪の限りを尽くして、一人リードしますが、その後、D井さん、S藤さんに追いつかれ、結局S藤さんの勝利に終わったそうです。

 元禄忍法帳はバンダイDOシリーズのロールプレイ風ゲームです。
 D井さんマスターでT島さんとプレイしていました。
 見たところ、べたべたなギャグゲームでした。

 銀河連合を2回プレイしました。
 Hナール、Y口イサリル、T之内ハカン、風間ウィニューの4人プレイでした。
 ナールは戦闘種族、イサリルは生産に得点があり、ハカンは貿易で裕福な種族、ウィニューは議会で特典を持つ種族です。
 ナールは早々に軍事戦略でイサリルに宣戦布告し、これをあっさり撃滅して種族勝利条件の一つを満たします。その際に得た威信もあって、勝利得点獲得レースで優位に立ちます。
 イサリルは初プレイということと、プレイヤーが考えすぎる人だったため、ガジェットの豊富なこのゲームでは混乱の限りを尽くして迷走を繰り返していました。
 ハカンは全方位外交を展開して貿易で稼ぎまくり、それを全て軍事力に投入して軍事大国化していました。
 ウィニューは議会派のはずでしたが、投票数を増やしてくれる影響カードが全く引けず、仕方がないので、手元に一杯来る技術カードを次々に開発して技術大国に心ならずもなっていました。
 そうこうするうちにナールが勝利条件を達成します。そのときには、他の種族も全員4勝利得点を獲得していて僅差での勝利でした。しかし、ここで、軍事大国となっていたハカンが銀河連合に反逆を宣言。ナール、イサリルで構成される銀河連合軍と交戦となります。ナールと同盟関係になかったウィニューは最早埒外です。
 最終決戦は、ナール艦隊隊、ハカン艦隊で戦われました。機動兵器による制空戦闘ではニュータイプ部隊であるナールが流石に強くハカンの機動兵器部隊を圧倒します。しかし、続く対艦攻撃ではブラックホール弾頭ミサイルを投入したにもかかわらず損害を与えることができません。それでもかなりの戦果を上げて艦隊戦闘の支援を行います。そして艦隊戦です。ハカン艦隊は5戦力、ナール艦隊はほぼ半数の3戦力です。ただし、ナール艦隊には、機動兵器による支援があり、ほぼ互角の力があります。結果は、ナールの賽の目が悪く、わずか1差でハカン艦隊の勝利となります。
 銀河連合の最後の予備となっていたイサリル艦隊はしかし、弱体で、ナール艦隊との決戦を激戦とは言え、無傷で乗り切ったハカン艦隊の敵ではありませんでした。
 ハカンが銀河連合を打倒し、新たなる銀河帝国を建国して勝利しました。
 4人プレイでしたが、5つ目の戦略を使えるようにルール修正したため、楽しくプレイできました。

 2戦目は3人でプレイしました。
 Hイクスチャ、T井ジョルナー、風間ハカンです。
 イクスチャは外交にアドバンテージを持つ種族、ジョルナーは技術開発にアドバンテージを持つ種族です。
 3人プレイのハカンは非常に辛い種族です。
 貿易に強みのある種族なのですが、貿易相手が最大でも2人しかいないため、旨みが少ないのです。
それでもトレードグッズを集めないと勝利条件を満たせないので、ひたすら外交戦略をとっていました。
 戦闘種族が全くいないので、戦争は全然発生しませんでした。それでも軍拡はされており、特にジョルナーは軍事情報の一元管理化による軍事開発費用の合理化に成功したのと、24時間稼動の無人工場でひたすら機動兵器を生産していたため、種族として作れる上限までの戦力を溜め込んでいました。それでも、種族としての上限が他の種族よりも低いので、最終的には、ハカンに抜かれましたが。
 イクスチャは早い段階で旧帝都メカトールレックスを占領しますが、その後の維持に血反吐を吐いていました。やっぱりちょっと支配惑星の維持費が高すぎるようです。探索戦略が今ひとつ機能しないので、維持費を安くするようにルール変更を入れます。
 勝利得点レースでは、ハカンとイクスチャが競い合います。今回初プレイのジョルナーは残念ながら大きく出遅れていました。結局、レースを制したのはイクスチャでした。
 ここで、軍事力最大だったハカンが異を唱え、銀河連合を脱退します。艦隊戦力ではジョルナーが上でしたが、陸軍戦力を加えるとハカンが最大でした。
 イクスチャとジョルナーは同盟していたため、ハカンは他の2種族を相手に戦争を挑みます。
 軍事的に弱体だったイクスチャはハカンの敵ではなく、蹴散らされます。しかし、ジョルナーは強大でした。無人工場で大量生産された機動兵器の大群はハカン艦隊を圧倒したのでした。
 イクスチャの勝利です。ジョルナーは結果的にイクスチャの引き立て役に成り下がっていました。
 
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2008-07-16 00:31 | 銀河連合

<< 2008年8月17日 TSS例会 2008年7月5日 TSS例会 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE