2007年12月22日 TSS例会

 当日の参加者は12名ぐらいかな?忘年会ということで日が暮れてから来た人が何人かいました。
 プレイされたゲームは、天下強奪(コマンド)、トワイライトインペリウム(FFG)、Winter War(アドテク)、日露戦争(同人)等です。

 天下強奪はコマンド最新号の関ヶ原戦役がテーマと強弁しているゲームです。
 豊臣N川秀頼と徳川K藤2号家康の対戦でした。
 秀頼が19ターンに出陣して、最終的に西軍の辛勝となっていました。
 関ヶ原ゲームで秀頼が出陣して西軍大勝とならないゲームも珍しいです。

 Winter WarはGJで再販されたゲームですが、今日プレイされたのはアドテクのブックタイプゲーム版です。
 T島さんとD井さんがプレイしていました。

 日露戦争はK藤2号さんデザインのはがきサイズゲームです。
 N川さんとプレイしていたようです。

 トワイライトインペリウムをプレイしました。
 マインドネットT之内さん、ジョルナーY口さん、ハカンKさん、男爵の私の4人プレイです。
 私とKさんは初プレイです。そのため、ルール説明を受けたのですが、これが長い。1時間ほどもかかったでしょうか?それでも今ひとつ飲み込めないので、1ターンのお試しプレイを行ってようやく何となく理解できたかなと言うところです。ルール説明中は備品の多さとルールの多さに心が折れそうでした。
 それでもプレイしてみると思ったほど煩雑ではなく、結構楽しくプレイできました。それでも準備不足は否めず、もっとやりようがあったと思いますが。
 ハカンは経済的に裕福な種族で、ジョルナーは技術レベルの高い種族ですが、どちらも戦闘は苦手としています。それに対して、マインドネット、男爵は典型的な戦闘種族です。
 マップは真ん中に旧帝国の首都、、、私はローマと呼び、Kさんは京、T之内さんはアトヤイと勝手に呼んでました(笑)、、、があり、各プレイヤーはマップの端からスタートするという、戦略級宇宙帝国ゲームでは定番の作りです。
 序盤、各プレイヤーは順調に国力を伸ばし、戦力を充実させていきます。その中で特筆すべきはジョルナーで早々にワーサンの建造を行っていました。
 私はイニシアティブ戦略を多くとって、コマンドを豊富に使用できる方針で進みます。生産はドレッドノートの大量建造に奔り、ファイターを一切生産しない極端な建艦方針でいました。
 そして第3ターンにはハカンを除く3種族が旧首都に隣接する星系へと進出し、緊張が一気に高まります。旧首都に隣接星系は3つだけでハカンは出遅れてしまいました。
 最初に動いたのは男爵でした。
 ドレッドノート1、クルーザー1、デストロイヤー3の艦隊で旧首都に侵攻、無主の地に男爵の旗を立てます。すかさず秘密目的カードを公開します。旧首都を支配し、スペースドックとドレッドノートを作りきっていればVP2のカードです。私はこのためにドレッドノートの大量建造に奔り、スペースドックも作りきっていました。2VPの獲得です。
 私の侵攻で、均衡が崩れたため、今度はジョルナーが旧首都へと侵攻してきます。戦力はワーサン1、ドレッドノート2、クルーザー1、キャリアー1、ファイター8と圧倒的です。駒数で2倍以上、質も上回る必勝態勢です。
 戦闘開始と同時にフレンドリーファイアが炸裂してジョルナーファイターの半分が消し飛びます。更に、男爵のデストロイヤーはイージス駆逐艦で通常の4倍以上の対空火力を誇り、事実ジョルナーファイターの残存部隊は何もできぬまま一掃されてしまいます。
 その後の艦隊戦ではワーサンの火力の前に男爵軍はドレッドノート、デストロイヤー各1を失って、敗退します。しかし、ドレッドノートは修理カードで復帰し、男爵軍の実質被害はデストロイヤー1と旧首都守備の陸軍1個だけでした。
 第4ターン、男爵はひたすら勝利得点を得ることに腐心しました。資源10で勝利得点を買い、同色の技術カードを3枚揃え、技術ボーナス惑星を3種類揃えと、勝利得点を合計5点にまで押し上げ、トップを取ります。
 その分、生産や行動はおざなりで実質なにもしませんでした。
 マインドネットは艦隊編成に余念が無く、ワーサン建造の技術開発にも成功していました。
 ジョルナーは旧首都を占領したはいいものの、勝利条件を達成するわけでもなく、その影響力を利用するでもなく、持てあまし気味です。
 ハカンはワーサンを2隻も建造し、それにファイターを満載して、満を持して旧首都へと侵攻を開始します。先の戦闘で艦載機を全て失って裸となっていたジョルナー艦隊はハカンのカード攻勢にもさらされて、ワーサンを失う大敗を喫していました。
 この時点でお開きとなりました。
 面白かったです。ただ、勝利条件が毎ターン1枚ずつ開かされていくシステムなので、長期的な展望を持ちにくいのが問題かと思いました。まぁ、備品が多すぎてセットアップと片づけに時間がかかるのと、でかすぎる箱という欠点に比べれば大した問題ではありませんが(笑)。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2007-12-23 16:12 | トワイライトインペリウム

<< 2008年1月6日 TSGC例会 2007年12月2日 TSGC例会 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE