2007年10月21日 TSS例会

 当日の参加者は12名。静岡や岡山の遠方からの参加者がありました。
 プレイされたゲームは、シンガポール陥落(コマンド)、秘宝の郷(HJ)、Across the Dnepr(コマンド)等です。

 シンガポール陥落はコマンド最新号の付録です。
 H沢さんとプレイしました。私が日本軍です。
 セットアップでコタバルにフルスタックが籠もったため、上陸作戦を中止し、陸路から包囲することにしました。そのため、コタバル占領は第4ターンになりました。
 進撃路は3本のため、東に鉄道移動で1個連隊、中央に1個連隊を自力で移動させ、残りは全てジットララインへの攻撃へ向かわせます。
 ジットラ北方の1個大隊を撃滅し、強行軍でジットラを占領します。
 英軍は前進防御を選択し、前線に次々に部隊を投入して日本軍の進撃を許しません。ジョージタウンの占領が第4ターンで舟艇機動が可能となったのは、第5ターンからでした。
 日本軍としては、強行軍を多用し、ほとんど損害を度外視して攻撃していたのに、これですので、何か間違っているように思いました。いや、まぁ確かに間違っていたのです。英軍の戦い方が。
 第5ターン終了時に英軍のセットアップ戦力は全滅状態となり、日本軍の第6ターンの進撃を遮るものが皆無となったため、英軍の投了となりました。

 なかなか良いゲームでした。ターン数も短く、駒数も少ないので、非常にプレイしやすいですし、いろいろ作戦を立てる余地がありそうです。だけど、これって、フルサイズゲームのような顔をしていますが、ヘクスは大きいし、駒数も少ないし、本質的にはハーフサイズゲームですね。
 このゲーム、マップに欠陥が一つあります。戦闘結果表が2つあるのですが、プレイヤーの近い方の戦闘結果表が逆さまになっていて非常に見づらいのです。
 
 プレイしてなんだか、エポックの朝鮮戦争を思い出しました。地形が半島だし、中央に山があるし、山にZOCが及ばなくてかえって守りにくいこととか、北から強力な部隊がひたすら南下して南端に達するとサドンデス勝利とか、共通点が多いです。違いは空軍がないことかな。

 秘宝の郷は昔のタクテクスのRPG号の方の付録となっていたゲームです。埋蔵金を探すマルチゲームです。
 ゲームを持ってきたT島さんがマスターとなって、T之内さん、E藤さん、O鋸さん、T井さん、Hさん、S藤店長がプレイしていました。
 マップ上を移動しながら、チットを引くゲームで、洞窟や神社などの拠点で探索して、埋蔵金の手がかりを得るゲームです。
 推理ゲームのクルーとかと似ているそうです。どちらかというとファミリーゲーム寄りのゲームのようです。
 ゲームはS藤店長が見事埋蔵金を見つけて勝利していました。
 プレイ中、「温泉とかもあるし、埋蔵金を巡って殺人事件が起これば、火曜サスペンス劇場とかのゲームになるね」とか話していました。

 Across the DneprはH沢さんとK藤2号さんがプレイしていました。

 その他に、コマンドのラブノブ会用ゲームやT島さんの構想25年の独ソ戦ゲームとかがプレイされていました。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2007-10-21 17:46 | シンガポール陥落

<< 2007年10月27日 TSS例会 2007年10月7日TSGC例会 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE