TSS例会報告'07.08.12

2007年8月12日 TSS例会

 当日の参加者は7名ぐらいだったかな?
 プレイされたゲームは、ツァバンドールの杖、剣と魔法の国(アバロンヒル)等です。

 剣と魔法の国はRPG勃興期の古いゲームで、RPGをボードゲームでプレイするゲームです。D井さんとT島さんがルールを読みながらプレイしていました。

 ツァバンドールの杖は米ゲーム アウトポストをドイツゲームがリメイクしたものです。
 Y口さん、T之内さん、Hさん、私の4人プレイです。
 私は2回目のプレイ、Y口さん、T之内さんはもう何回かプレイ回数が多いです。Hさんは初プレイです。
 このゲームは宝石を活性化して魔力を生産し、その魔力で魔法の知識や魔法のアイテムを購入するお買い物ゲームです。宝石も魔力で購入するし、魔力生産能力の高い宝石を購入するためには、特定のアイテムや知識が必要で、アイテムや知識にはそれぞれ固有の特殊能力があり、更に、守護者と呼ばれる特別なアイテムがあり、これが5つ以上購入されるとゲームが終了するというゲームです。
 勝利条件は勝利得点を多数得ることで、宝石、アイテム、知識、守護者、それぞれについて勝利得点が設定されています。
 アイテムの特殊能力が強烈で、それを知らないと、ゲームの見通しが非常に悪くプレイし難いゲームです。なので、私はあまり好きではありません。更にプレイ時間も長く、概ね、人数×1時間と言ったところです。一応救済ルールはあるものの、あまりうまく機能しておらず、一度出遅れると挽回は難しいゲームで、長時間ゲームであることもあってマルチゲームとしてはプレイヤーに辛いゲームです。尤も、出遅れても挽回の容易なゲームはそれはそれでプレイヤーの努力を無にするゲームとなりがちですし、TITANみたいな脱落系のゲームもゲームに拘束されないとは言え、脱落したプレイヤーは悲しいし、1人脱落したら終了と言うゲームは、トッププレイヤーによる最下位プレイヤー虐めがひどくなるので、問題が多いし、難しいですね。

 ゲーム展開は、私はわかりやすいという理由で宝石重視とします。早々にエメラルドを購入できるようにして、宝石購入割引の知識を伸ばし、期を見てダイヤモンド購入のアイテムを購入して、ダイヤモンドの大量購入に走り、最終的にダイヤモンド11個を並べていました。
 それでも3位でした。1位はT之内さんで私と6点差、Y口さんが2位で私と1点差でした。敗因は守護者が1枚しか得られなかったことですね。T之内さん、Y口さんは2枚ずつ得ていましたから。尤も、T之内さんに攫われた8VPのアーティファクトの競りに勝っていたら1位を取れていたかもしれませんが。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2007-08-13 01:06 | ツァバンドールの杖

<< TSS例会報告'07.... TSS例会報告 2007.07.22 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE