2009年8月23日 TSS例会

 当日の参加者は、8名。
 プレイされたゲームは、咲カードゲーム(同人)、アグリコラ、BAOR等。

 BAORはセントラルフロントシリーズ第3作のゲーム。
 T島さんが広げてソロプレイをしていた模様。

 アグリコラをプレイした。
 T之内さん、O鋸さん、Hさん、S藤さん、私の5人プレイ。
 O鋸さんがやたらスタートプレイヤーを取ったため、その左隣だったHさんがおいしくプレイできて圧勝していた。
 初プレイのS藤さん、T之内さんは勝手が分からず沈み、私は司祭に拘りすぎて負けてしまった。2部屋最後のプレイヤーに大量の資源を恵む司祭はとってもおいしく思えたのだが、T之内さんが結局最後まで増築しなかったために使えずじまいだった。これでアクション数が圧倒的に足らずに3位となってしまった。それでも頑張って農地は全て埋めて2位と僅差にまで追い上げたのだけれど。

 咲カードゲームは、先週のプレイを踏まえて手直しした完全版だ。
 アグリコラを始める前に、Hさん、O鋸さん、T之内さん、私で2回プレイし、その後、私の代わりにS藤さんが入って2回ほどプレイした。
 アグリコラの後にもHさん、O鋸さん、T之内さん、T井さんで5回ほどプレイした。1プレイ10分なので、こんなに繰り返しプレイが可能だ。
 最後の3戦は記録をとっていたので、レポートしよう。

 全国高校生麻雀大会県予選決勝。勝ち残ったO鋸高校、H高校、T井高校、T之内高校の4校が全国への切符を賭けて競い合う。

先鋒戦
 T井高の片岡選手がすばらしい速攻の冴えを見せ、他校を圧倒、+6万点の大量リードを奪う。H高の文堂選手はよく耐えて原点をキープ。O鋸高の吉留選手、T之内高の蒲原選手はー3万点で負けを分け合った。
 T井高校 :16万点
 H高校  :10万点
 O鋸高校、T之内高校:7万点
次鋒戦
 T井高の快進撃は止まらず、深堀選手は+2万点とリードを広げる。
 T之内高校は+1万点と健闘。
 O鋸高校の妹尾選手の一人負けとなり、ー3万点と傷を広げてしまう。
 T井高校 :18万点
 H高校  :10万点
 T之内高校:8万点
 O鋸高校 :4万点
中堅戦
 T井高校の龍門渕選手はリーチを掛けたところを危険配のドラを下家のO鋸高福路選手に通され、それを見て親リーチで追いかけたT之内高の池田選手に親倍を振り込んで沈む。H高の竹井選手は、危なげない麻雀運びで+2万点と健闘。福路選手はどうにもツキに見放されて、飛びを回避するのが精一杯だった。
 T井高校 :17万点
 H高校  :12万点
 T之内高校:10万点
 O鋸高校 :1万点
副将戦
 T井高の加治木選手が圧倒的な強さを見せて、他校を圧倒し、一人勝ちでO鋸高の沢村選手を飛ばして、T井高の優勝を決めた。
 T井高校 :23万点
 H高校  :10万点
 T之内高校:9万点
 O鋸高校 :ー2万点

 選手を選び直して再戦。
先鋒戦
 初心者同然のT井高妹尾選手がカモにされる。
 O鋸高校、H高校:12万点
 T之内高校:9万点
 T井高校 :7万点
次鋒戦
 T井高深堀選手が役満聴牌するも、絶妙のタイミングでH高井上選手が鳴きを入れて流れを変え、結局あがれず、終わってみれば一人負けの最下位となった。
 これにより、T井高校は0点、首の皮1枚となってしまう。
 O鋸高校、H高校:15万点
 T之内高校:10万点
 T井高校 :0点
中堅戦
 T井高国広選手はなんとか飛びを避けようと、手堅い麻雀を打つが、H高竹井選手の連続上がりの前に遂にマイナス点となってしまう。
 H高の優勝だ。
 H高校  :17万点
 O鋸高校 :14万点
 T之内高校:10万点
 T井高校 :ー1万点

 今までの10回以上のプレイでは、飛びで終わったことなど無かったのに、記録を付け始めたら突然飛び始めたのは何故だろう?

先鋒戦
 T之内高国広選手がツキに恵まれず一人負けー2万点。
 O鋸高校、T井高校:11万点
 H高校  :10万点
 T之内高校:8万点
次鋒戦
 場の流れを読み切ったO鋸高校井上選手が一人勝ちの圧勝、+4万点を稼ぐ。
 井上選手に流れから放り出された格好のT井高吉留選手が最下位ー2万点だ。
 O鋸高校 :15万点
 H高校、T井高校 :9万点
 T之内高校:7万点
中堅戦
 未熟なH高妹尾選手が場をかき乱し、それに巻き込まれるようにO鋸高津山選手も沈んで行く中、うまく泳ぎ切ったT井高竹井選手がトップを取り、+4万点と大勝した。
 T井高校 :13万点
 O鋸高校 :12万点
 T之内高校:9万点
 H高校  :6万点
副将戦
 O鋸高染谷選手が健闘、H高福路選手、T井高加治木選手と言った強豪相手に見事にトップをとって+1万点。
 O鋸高校、T井高校:13万点
 T之内高校:9万点
 H高校  :5万点
大将戦
 試合も最後の大将戦にもつれ込んだ。
 面子も蒼々たる顔ぶれだ。前年度個人戦優勝のO鋸高天江衣、前年度中学全国大会優勝者H高原村和、T井高宮永咲、T之内高池田華菜。
 試合は終始、天江選手が場を支配し、何度も海底撈月を上がって差を広げて行く。それに対し、「そんなオカルト信じません」と原村選手は原点をキープするも、池田選手は沈み、宮永選手は、起死回生を期して得意の槓をしたところを、槍槓を喰らって最下位に転落した。
 O鋸高校 :17万点
 T井高校 :10万点(やっぱり咲はプラスマイナス0にするのか)
 T之内高校:8万点
 H高校  :5万点

 お手軽ゲームだけど、結構面白いな。
 
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2009-08-23 23:14 | 咲カードゲーム

<< 2009年8月29日 TSS例会 2009年8月15日 TSS例会 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE