2009年8月8日 TSS例会

 当日の参加者は、10名。
 プレイされたゲームは、朝鮮戦争(エポック/サンセット)、姉川の合戦(同人)、アグリコラ(HJ)、日露戦争(エポック/コマンド)等。

 姉川の合戦は、夏のコミケ向け新作のテストプレイ。
 K藤2号織田徳川対N南朝倉浅井のプレイだった。浅井勢が織田の大軍に揉み潰されていたような。

 アグリコラはHJの日本語版。
 Y口さんのインストで、2回プレイされていた。
 1回目はN南さん、Kさん、Y口さんの3人プレイ。Kさんが初プレイだったためかお試しプレイになっていた様子。
 2回目はN南さんに代わって、Hさんが入っての3人プレイ。Y口さんが圧勝していた。Kさん、Y口さんはゲームとしては、ルアーブルの方が上だなと話していた。

 朝鮮戦争はサンセット版をT内さんとM崎さんがプレイしていた。
 初プレイのT内さんが北朝鮮軍だ。
 空軍が飛ばないターンが2回もあったそうで、6ターンには、国連軍は釜山最終防衛ラインに追いつめられていた。
 しかし、その防衛ラインは鉄壁で、北朝鮮軍がどうやっても2対1しか立たない。これは無理だとT内さんは泣き言を並べていたが、Mねさんが国連軍の戦線に穴があるのを発見した。戦車移動で戦線をすり抜けられる穴があったのだ。そこを突けば戦車が最終防衛ラインを越えて北朝鮮軍の勝利となる。ということでお開きになっていた。

 その後、2人は日露戦争を始めていた。T内さんがロシア軍だ。
 第1ターンにロシア軍は南山に1個旅団を増強し、更にウラジオ艦隊が最初から活躍したため、第2ターンの南山攻撃は3対1攻撃となった。結果は2EXで攻略に失敗してしまう。でも次のターンから28cm砲が上陸できるようになるので、こっちの結果の方が日本軍には有利かも。

 私はMねさんと朝鮮戦争をプレイした。エポック版だ。
 陣営はランダムに決め、私が北朝鮮軍となった。
 セットアップは開城に戦車3個連隊全部を配置する。
 韓国軍の初動は、基本的に国境線に足止め部隊を配置するもので、東海岸だけは特殊大隊の上陸を警戒して後方に布陣していた。
 北朝鮮軍は第1ターンに国境線の足止め部隊3個連隊を撃滅し、更に東海岸でも1個連隊を撃滅した。続く戦車移動で、ソウルを包囲した。
 ソウルの韓国軍部隊は1個連隊を残して脱出し、天安まで後退した。足止め部隊は他に2個連隊だ。脱出部隊を守るために米軍が平澤に布陣した。しかし、その部隊は北朝鮮軍の戦車移動で、包囲されてしまう。国連軍は反撃も考えたようだが、結局脱出させた。
 第2ターンの国連軍は足止め部隊も残さず全軍が後退し、山地のラインまで下がってしまった。
 第3ターンの北朝鮮軍は戦車連隊2個を全力で南下させ、威陽、谷城に達した。
 主力の歩兵部隊は大田、忠州、蔚珍付近に達している。
 国連軍は南下した戦車連隊に手当てするために、米軍2個連隊を送った。それによって、威陽の戦車連隊は身動きできなくなり、次のターンに包囲撃滅されてしまった。不用意に金日成ラインを越えてはいけないことを忘れていた。
 第3ターンの国連軍は永同ー店村ー安東付近で戦線を構築した。
 第4ターンが転機だった。北朝鮮軍は国連軍空軍の交通妨害をものともせず、2個スタックを包囲し、正面攻撃での戦果も含めて実に6個連隊を撃滅する大戦果を挙げた。
 国連軍は大きく後退し、大邸前面で戦線を張る。
 第5ターンの北朝鮮軍の攻撃でこの戦線に穴を穿つが、戦車移動で後1移動力が足らず、最終防衛ラインを越えることができない。ここで、北朝鮮軍はミスを犯した。戦闘後前進で戦線を張り忘れたため、韓国軍1個連隊が後方に回り込んで、6個師団相当の戦力を拘束されてしまったのだ。これによって国連軍は開戦以来初めて踏みとどまった。
 しかし、第6ターンにはその韓国軍連隊も掃討され、更に配置ミスから米軍1個連隊が包囲撃滅されてしまう。国連軍は釜山最終防衛ラインに籠もった。
 ここで、天は北朝鮮軍に味方した。空軍が飛ばなかったのである。慌てて国連軍は少しでも代わりになればと艦砲阻止砲撃を蔚山前面に行うが、焼け石に水だ。
 蔚山攻撃に北朝鮮軍は艦砲射撃を侵して6個師団を集結させた。蔚山を守るのは2個連隊5戦力の米英軍だ。1個連隊は損耗状態である。4対1を立てた北朝鮮軍は5,6が出れば勝利だ。結果は5の目が出て、北朝鮮軍の勝利となった。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2009-08-08 18:05 | 朝鮮戦争

<< 2009年8月15日 TSS例会 2009年8月2日 TSS例会 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE