2009年6月14日 TSS例会

 当日の参加者は10名。
 プレイされたゲームは、レースフォーザギャラクシー(リオグランデ)、パンデミック(Zman)、For the People(GMT)、征途(コマンド)、トワイライトストラグル(GMT)、Z計画(同人)等。

 レースフォーザギャラクシーを2戦した。
 最初はY口さん、Hさん、私の3人プレイ。私は単発鉱物資源の惑星が母星だった。消費先を作らない戦略で、産物はカードにして潤沢な資金を得てのプレイだった。しかし、6のボーナスカードを1つも作れなかったのが敗因でY口さんに2点差で負けてしまった。
 2戦目はO鋸さん、T之内さんを加えた5人プレイ。
 私の母星はスパルタ。資源惑星がなかなか引けず、赤貧に喘ぐ展開だった。軍事力は順調すぎるほどに増強でき、最終的に+13に達した。軍事ボーナスカードも引けてボーナス得点13点を叩き出すも、ボーナスタイルは全く得られず、それが敗因で敗れた。軍事ボーナスタイルがあったら勝っていたのにな。勝者はT之内さん。生産と消費を回して8VPを稼ぎ、ボーナスタイルで11VPを稼いだのが大きかった。

 パンデミックは前回のプレイがエピデミック5枚でぬるかったので、6枚入れてのプレイだ。Hさん、Y口さん、T之内さん、私の4人プレイ。役割はサイエンティスト以外全て登場と最高だったが、カードの引きと巡り合わせが悪く、ワクチン1つ作っただけで為す術無く滅びた。特にカードがばらけすぎていたのが辛かった。

 For the PeopleはD井さんとT島さんがルールを読みながらプレイしていた。

 征途はコマンド付録の北海道が舞台の仮想戦ゲームだ。昼過ぎからルール説明しながらプレイを始めていたので、練習プレイだろう。

 トワイライトストラグルはY口さんとT之内さんが午後からプレイを開始していたが、3時前に中盤カードを半分入れ忘れたとか言ってご破算になっていた。

 Z計画を2回プレイした。
 O鋸さんとHさんと私の3人プレイだ。
 第1戦はO鋸工業が9VPで勝利にリーチをかけたにもかかわらず、勝ちを焦ってハマーンに作戦を発動させたが、肝心のネオジオンが土壇場で日和見を決め込んでしまい、風間工廠に逆転勝ちを許していた。
 第2戦は白熱したプレイだった。
 エゥーゴの武力蜂起はティターンズの意表を突いた。地上で蜂起したエゥーゴはティターンズの拠点であるキリマンジャロを占領し、ティターンズを圧倒した。キリマンジャロには風間工廠製のサイコガンダムが配備されていたのだが、欠陥機であることを暴露して吹き飛んでいた。
 この戦いで大活躍したZガンダムを生産したHエレクトロニクスが4VPを、ネモを量産してエゥーゴの主力機としていたO鋸工業が2VPを稼いでいた。欠陥機のサイコガンダムでミソをつけた風間工廠はVP0だ。
 木星圏から到着したアクシズはエゥーゴの大勝を望まず、ティターンズとの共闘を選んだ。その甲斐あってティターンズはじりじりと戦局を押し戻していく。
 悪化する戦局を打開するため、エゥーゴの最高司令官ブレックス准将はダカール占領作戦を発動した。既に宇宙戦力では逆転されていたのだ。
 この戦いにティターンズはHエレクトロニクス製のZZガンダムを投入しようとしたが、ジャンク屋の少年ジュドーに持ち逃げされてしまう。ジュドーはそのままZZガンダムで戦うかと思われたが、金色の機体に目がくらんだのか、百式で出撃してしまう。まぁ、それはそれで、この戦いで百式が生き残ったのはそのおかげなので、悪くは無かったが。
 ガンダムチームを有するエゥーゴは奮戦するも衆寡敵せず、ダカールの連邦議会制圧はならなかった。これにより、ティターンズ主力のネロ隊を開発していたHエレクトロニクスがVP9として勝利に王手をかけていた。
 Hエレクトロニクスは一気に勝利を達成すべく、バスク大佐に働きかけて作戦を発動しようとしたが、こちらは風間工廠の影響下にあったジャミトフ大将に却下されるのであった。
 次の戦いも地上であった。ティターンズのキリマンジャロ奪回作戦である。しかし、ティターンズはこの戦いに敗北した。ガンダムチームの大活躍のためである。その戦果によって風間工廠もVP9と勝利に王手をかけた。ZZガンダムを失う大きな痛手を被ってのことではあるが。
 最後の戦いはエゥーゴが宇宙に打って出る戦いであった。これは無謀な戦いであった。エゥーゴには宇宙でティターンズと戦えるだけの戦力はないのだ。それでもブライトがこの作戦を強行したのは、風間工廠の強い影響に依った。風間工廠は自社の最新モビルスーツ、ハンマハンマを是が非でも実戦デビューさせたかったのだ。ところが、そのもくろみは、ウォン・リーの「そんな未完成機を出撃させられるか!」との一言で潰え去った。Hエレクトロニクスが言わしめた言葉であった。
 この戦いで猛威を振るったのは、O鋸工業のFAZZ隊であった。それまで地上戦闘ばかりで出番の無かったティターンズ宇宙戦力を一手に供給していたO鋸工業はこの戦いで大戦果を収め、他社を抜き去って11VPとし、Hエレクトロニクスの10VPを上回って勝利を収めた。風間工廠はこの戦いで1VPも得ることができずに最下位に終わった。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2009-06-16 00:11 | Z計画

<< 2009年6月27日 TSS例会 2009年6月6日 TSS例会 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE