2009年5月31日 TSS例会

 当日の参加者は9名。
 プレイされたゲームは、コンフリクトヒーローズ、レースフォーザギャラクシー(リオグランデ)、Z計画(同人)等。

 コンフリクトヒーローズは5,6年ぶりに参加したSさんとK藤2号さんで何ゲームかプレイされていたようだ。

 レースフォーザギャラクシーはT之内さん、O鋸さん、Hさん、私の4人プレイを2回プレイした。
 最初のプレイで私は、売り先もなく資源惑星を一杯抱えて、ちびちびと売り払ってカードに変えていたため、カード回しがとても楽で、ボーナスタイルも多く獲れて勝利した。
 2回目のプレイでは一転して赤貧にあえぐ展開となった。オールドアースが母星だといつもそうだ。手札がなぜか高額なカードばかりで、無理して建てて資金ショートという展開。早々に終わらせて23VPの低レベル得点だった。それでもトップは26VPだった。でも3位。25VPがいた。という団子状態でのプレイだった。

 Z計画をHさん、O鋸さんと3人でプレイした。
 O鋸さんはいつもながらの廉価機の大量生産路線、私は高機動機を中心とした機動力重視の開発、Hさんはサイコガンダム系の超重量級機路線だ。
 O鋸さんはティターンズに大きく肩入れし、ネモの大軍とFAZZを量産して納入していた。その他にネオジオンにジムIIの大軍を納入していた。
 私は当初ティターンズにメッサーラを納入し、それを量産し、様々なバリエーション機を開発していた。しかし、あまりにもエゥーゴが弱体となったため、エゥーゴにジ・オ キャノンやバリア装備百式と言った機体を納入して梃子入れを行った。ネオジオンにはファンネル装備のマラサイを納入したが、そのサイコミュは欠陥品だったようで、実戦で強化人間を乗せるたびに廃人としていた。
 Hさんは各勢力にサイコガンダム、サイコガンダムMKII、クィンマンサを1機ずつ納入していた。
 戦局はエゥーゴの武力蜂起の機先を制したティターンズがエゥーゴを追いつめたが、土壇場でネオジオンがエゥーゴに付いて戦局を立て直した。
 その間にO鋸さんが10VPを稼いで勝利していた。敗因は他のプレイヤーの賽の目が腐っていて、O鋸さんの量産機を潰しきれなかったことだろう。メガランチャー機があんなにあったのに、はずしまくったからなぁ。

 同じメンバーでもう一戦した。
 今度もO鋸さんはティターンズに量産機を納入する路線だが、廉価機とは言い難いFAZZでこれを行っていた。
 私は基本的に高機動機路線は堅持し、エゥーゴにアッシマー、ギャプランを納入し、ネオジオンにメッサーラを納入していた。ただ、そればかりもつまらなかろうと、サイコガンダムMKIIも開発した。これは後に量産して、多少機動力を向上させた改良型を開発した。木星船団からの泡銭が入った時に「今しか量産なんかできないし」と行っていた。しかし、結局その機体はFAZZの大軍に突っ込んで何もできないまま撃墜されていた。
 ギャプランはメガランチャー装備型やインコム装備型を装備し、エゥーゴの主力機となした。メガランチャー装備型はすばらしい活躍を見せ、量産型FAZZをまとめて吹き飛ばす大戦果を挙げたりもした。
 今回の戦局もティターンズが先手を打って優位に進めていたが、私が積極的にエゥーゴに肩入れしていたため、戦局を振り戻すことに成功。ネオジオンはその様子を高見の見物としゃれ込んでいたが、次の戦いでティターンズが勝利すると、エゥーゴ側に付いて地上のティターンズ勢力を一掃していた。
 勝敗は、私の圧勝だった。最後となったエゥーゴ、ネオジオン共同の地上掃討作戦ではティターンズ主力のFAZZは宇宙専用のため出る幕が無く、地上で戦える戦力はほとんどなかったため、最大戦果と最大戦力で5VPをこの一戦で稼いで勝利した。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2009-05-31 16:41 | Z計画

<< 2009年6月6日 TSS例会 2009年5月23日 TSS例会 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE