2009年春新番2

マジンガーZ
 いきなり最終回な展開に、「お前は大張か!」とつっこみを入れてしまった。
 今川監督は昔は結構気に入っていたのだが、最近はろくな作品がない。それで、これだからなぁ。この人も終わりかな。
 今川らしいごった煮な感じで、永井豪キャラ総登場てな作品にするつもりなんだろうけど、それは本人がバイオレンスジャックで見事にやってるからなぁ。
 作画は悪い。と言うか、もうレトロ絵はいらないよ。古い絵柄はやっぱり下手なんだな。もっと今風な綺麗な作画にして欲しかった。どうせ原作に忠実に作るわけはないんだからもっとぶっ飛んだ話にして欲しいな。思い切って腐女子向けにつくるとか、ナイスミドルのブロッケン伯爵に、ロマンスグレーのDrヘル、イケメンと美少女のアシュラ男爵が兜光二を誘惑するとか、自分で書いていて頭が痛くなってきたぞ、、、。

ドラゴンボール改
 改でも何でもない、昔のフィルムを再構成しただけだ。
 でも面白いよ、これ。やっぱり名作だわ。

クロスゲーム
 あだち充の野球漫画。いつもの顔のキャラ達がいつものようなストーリーをつづるんだろうなと思っていたら、違った。いつもの顔ではあったけど。
 いきなり第1話でヒロインが死んでしまうとはね。
 これは、なかなか面白かった。今期では今のところ一番いいな。

鋼の錬金術師
 会川脚本のハガレンを黒歴史にすべく始まったようだけど、これじゃ無理だぞ。
 少なくとも作画は前作の方がずっと良かった。
 脚本はどうかというと、これも良くはないな。第1話に脈絡無くクライマックスを持ってくる最近の演出は嫌いなので。それにシリアスとギャグのバランスはギャグよりでこれも軽薄でいただけない。まぁ、前作がシリアスに傾きまくって倒れていたのでそれの反動なんだろうけど。
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2009-04-07 01:27 | 雑談

<< 2009年春新番3 2009年4月5日 TSGC例会 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE