2009年3月28日 TSS例会

 当日の参加者は14名。
 プレイされたゲームは、レッドタイフーン(コマンド)、ワールドインフレームス、ノーリトリート、バルジ大作戦(エポック/コマンド)、レースフォーザギャラクシー(リオグランデ)等。

 ワールドインフレームスはGW合宿でのプレイのためにルール確認を兼ねた練習プレイ。欧州戦線のみで確か第5版ルールでだったかな?
 E藤さん、N南さん、T島さんがプレイしていた。

 ノーリトリートはK全さんとO崎さんのプレイ。
 K全赤軍がレニングラードもモスクワも失って苦戦していたようだ。

 バルジ大作戦は帝王さんとD井さんのプレイ。

 レッドタイフーンは2卓プレイされていた。
 Y口赤軍とMね独軍のプレイ。北方で独軍の戦線がなくなっていた。
 もう1卓は、私とKさんのプレイ。初プレイのKさんが赤軍だ。

セットアップ
 独軍のセットアップは自分としては、ベストかと思っているセットアップだ。特徴は、南の間隙を早めに繕うために第2装甲軍と第4軍の予備を多めに取っている点だ。
 赤軍は、第1打撃軍を左翼に移籍した。

第1ターン
 赤軍は攻勢戦略を選択し、総花的な攻撃を行った。その結果は4個師団の後退のみと振るわない。全般に賽の目が悪くCの結果が多かった。
 独軍の損害はなし。逆に赤軍がALを喰らって1ユニット失っていた。

 独軍は第2装甲軍を行動させ、北方も南方も連続した戦線を構築した。

第2ターン
 カリーニン方面軍と西部方面軍左翼の攻撃により、8個師団が撃退された。しかし損害はなし。
 戦線も維持している。

第3ターン
 赤軍はブリャンスク方面軍を除く全軍で攻勢に出るものの、賽の目が振るわず、1個師団をEXで撃破した他には3個師団を撃退したに過ぎず、ALも出て損害は赤軍が上回った。
 トピックはメディンを失ったぐらいか。

 独軍は第4装甲軍の戦線を大きく下げ、モジャイスクを放棄した。

第4ターン
 プールしておいた行動ポイントを投入して、赤軍はブリャンスク方面軍以外の全軍を移動攻撃させ9個師団を撃退する戦果を得た。しかし、やはり賽の目は振るわず撃破の結果はなし。逆に1ユニットをALで失っていた。
 第1打撃軍の撤収、空挺降下はなし。パルチザンは3の森で戦線から遠く、あまり役に立ちそうはない。

 スチノフに第2装甲軍、第4装甲軍の装甲部隊が到着し、戦線に厚みが増した。

 ちょうど昼食時間となったので、ここで、赤軍が投了した。
 攻勢戦略は賽の目の影響が大きいのが欠点だな。ただ移動戦略は、数少ない攻撃で失敗すると、より影響が大きいし、攻撃箇所も少ないため、独軍の使えるユニットが多くなるので、独軍のプレイが楽になるのが問題かな。

 午後から、レースフォーザギャラクシーをプレイした。
 Hさん、T之内さん、Kさん、私の4人で始めたが、久しぶりのプレイだった私は引きも、プレイも最悪で途中でモラルダウンして抜けてしまった。 
[PR]

  by U1_KAZAMA | 2009-03-28 16:54 | レッドタイフーン

<< 合い言葉は勇気 2009年3月21日 TSS例会 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE